日々の暮らし

【父親としての意識】パパと作るアンパンマンパン

 

「バイキンマンとドキンちゃんの形のパンを作りたい!」

そう言う息子、夫とアンパンマンパンを作りました。

 

ゆうり
バイキンマンとドキンちゃんはさ、ほら、ツノをどう作ったらいいか分からないから。

 

私の夫は子供の扱いがすごく下手だし苦手だしなにより子供と遊ぶのが好きじゃない人。

 

「私ごはん作るから遊んでてあげて」と頼むと、ぬいぐるみを息子に手渡して「ほら、遊んでごらん」って言う。(夫に悪気はない)

 

「私ごはん作るから息子みててね」と頼むと、じっと見つめてる。(夫に悪気はない)

 

おいおいおいおいおい・・・

 

子供めちゃくちゃ欲しがったあなたですけど??

 

それに、「みててね」の中にはさ、

  • あそぶ
  • お腹がすいたかの確認
  • オムツ汚れていないかの確認
  • 体調に異常がないかの確認

 

全部含まれてるんだよぉぉぉぉぉ!!!

そんなんでよく会社勤めできとるなぁおい!!!?

 

いません?こういうお父さん。

うちの人です。

(紙に箇条書きにして手渡せば全てやってくれます)

 

 

子供との遊び方から教えなくてはなりません。

 

ゆうり
そんな夫、息子が10歳になった今も変わらず相手するのをめんどくさがります。

 

息子のことは大好きなんですよ。

ゆうり
でも、「いいところだけ」がいいんです。

 

面倒なことは全部私がやってくれると思ってる。

いや平日はそれでいいんですよ。

休日もしっかりカラダ休めてリフレッシュするのが最優先。

「遊びも仕事のうち」というのが私の考え。

 

 

けど、息子だって大好きなパパと一緒に遊びたいんです。

なにかをしたいんです。

 

ゆうり
毎週末遊びを頼んでいるわけじゃなく、なんなら週末は夫が一人で遊びに出かけるとかも当たり前にあるので(これはリフレッシュなので私も積極的にすすめてる)、月に1回くらいは積極的に息子の相手してあげてほしいわけです。

パン作り

私の命令によりしぶしぶパン作りを始めた夫、一緒にやろうとキッチンにきた息子に『あっち行ってろよ、パパが作ってやるから!』

一緒にやると時間がかかって面倒なので一人で終わらせようとしていたんです。

 

ゆうり
何度も何度も息子に言っているので私がカミナリを落としました。

 

「パパと一緒に作りたいってところから始まってるパン作りなのに何でそんな対応するの!?どうしていつも自分中心にしか物事考えられないわけ?頭おかしいんじゃない!!?そういうところほんと大っ嫌い(怒)!!!」

 

我が夫婦のカーストは圧倒的に私が上。

そして夫の中で大切なのは【自分(夫)→私→息子】。

一気にシュンとして『じゃあやるぞ・・・ほら、こっちこいよ。』と言い始めた夫。

 

ゆうり
『偉そうに言うんじゃないよ(笑)!』とまた私に怒られてニヤニヤしながら息子とパン作りを再開しました。ドMか。

 

もうほんとに自分大好き自分中心の人なので毎度毎度こんな感じ。

いやあねほんと。

 

こういうとき、「もうほんと離婚したい!」って心のそこから思うんですけど思いません?

 

ゆうり
我が家は息子の教育や病気の相談という意味でも夫を頼れないし(ゆうりちゃんがいいと思うほうに俺はついていくぜ!というタイプ)、なにより息子第一じゃないところが嫌なんです。

 

ゆうり
産後長い間セ○クスレスだったのも、こういう夫の言動の積み重ねが嫌だったんですよね。産後のホルモン変化なんてのは大した問題じゃない。

 

 

その後も捏ねがまだまだなのに『もうこのくらいでいいか?』『もう十分だろ』とわざわざ言いにくる夫。

 

「十分じゃねぇわwww」

「この期に及んでめんどくさがるな諦めろwww」

 

もう、ハリセンボン春菜さんみたいなツッコミがいつまでも続きます。

 

その間わたし、仕事するつもりだったんですけどぉぉぉ(泣)!!

 

 

ゆうり
在宅のお仕事についてはそのうち記事にしますね。

 

田舎暮らしパン作り系You Tubeが好きで毎日のように見てる夫・・・

・・・今までなに見てたの?

パン作り

 

ゆうり
そんなこんなでつぶあん入りのアンパンマンパンを10個くらい焼き上げた夫と息子。

 

息子はチョコペンでアンパンマンの顔と、アンパンマンの形の上にバイキンマンの顔を書きました(もはや誰?)。

形成もやらせてもらえて大満足!

 

 

そしてお味は・・・

 

 

「めっちゃ美味しい!めっちゃ美味しい!めっちゃ美味しい!!超すごいじゃん!やればできるじゃん!めっちゃ美味しい!!」

 

美味しすぎて連呼して夫を褒め称えると、まんざらでもない顔してニヤけていました。

 

 

 

最初からやってくれよ・・・。

私だって集中して仕事やりたいんだよ・・・。

 

 

いつも応援クリックありがとうございます♫

  • この記事を書いた人

ゆうり

30代1児のママ。人付き合いは狭く深く長く。ママ友ランチ的な集まりが恐ろしく苦手。 無脾症候群、総肺静脈還流異常症といった先天性心疾患を抱えて生まれてきた息子とのこと・軽度発達障害✕軽度知的障害児への教育方法について・ママ自身のケアや日々思ったことや日常の生活をあれこれと綴っています。バリバリの元ギャル。

-日々の暮らし
-,

© 2021 ゆうりブログ