ママ自身のこと 日々の暮らし

乳がん要精密検査|健康診断で両胸ひっかかったので乳腺外科へ行ってきた

毎年受けている健康診断での乳がん検診(エコー)に引っかかりました。両胸でF判定という一番やばい結果にチェックが入っていたため乳腺外科へ行って精密検査を行ってもらいました。

ゆうり
まいにち育児奮闘中のママお疲れさまです!

 

毎年ちゃんと健康診断行ってますか?

私は怖がりなので毎年必ず健康診断へ行っています。

 

ゆうり
なんならさらにプラスして自腹で受けたりもしています。

 

ちょうど一ヶ月前に受けた健康診断の結果が2週間前に届きました。

 

乳がん検診の部分に『F(要精密検査)』とのワードが!!!

 

普段からオッパイのしこりチェックはしていて、右胸の乳首下方にコリコリしたものは発見していたんです。

 

「ちょうど二週間後に健康診断があるからそこで診てもらおう」と思っていたのですが、見事にそこ「も」要精密検査の対象となりました。

ゆうり
更に、気付いていなかった左胸にもしこりが!

 

本記事では、次の内容をお話しています。

本記事の内容

  • 50代前半に乳がんで亡くなった私の叔母(父の妹)
  • 毎年乳がん検診を受けていたのに、検診を受けた半年後に乳がんが末期の状態で見つかった夫の叔母
  • 私の乳腺外来での結果
  • 病児ママとしてまだ絶対に死ねないからこそセルフチェックと定期検診の必要性

 

健康診断が怖い!?ちょっと良く分からない世の中の検診拒否理由

大学を卒業してから毎年当たり前のように健康診断を受け、少しでも不安があればすぐに病院へ行って検査をしてもらってきた私。

ゆうり
そんな私からしてみると、「健康診断へはずっと行っていない」という方たちがいることすら衝撃でした。

ところが、健康診断へ行かない人たちってすごく多いんです。

その理由はだいたいこんな感じ。

  1. 家事育児で忙しくて時間がない
  2. 悪い結果だったら怖いから
  3. 検査で痛いのが嫌

 

 

ゆうり
いやもう、「オネエチャン、チョットヨクワカラナイデス。」って感じの理由ばかりです。
ゆうり
1つずつみていきましょう。

 

定期検診へ行かない人の理由①家事育児で忙しくて時間がない

時間

 

「家事育児で忙しくて時間がない」って言ってるわりに、ママ友とランチしたりネットサーフィンに張り付いていたり。

 

ゆうり
えっと・・・【時間】の意味わかってるのかな・・・??

 

めちゃくちゃ時間あるがね。

 

家事育児だけじゃなく、「時間がない時間がない」って言う人って時間の使い方が下手なことが大半。

【ママ友ランチ > 命】となっている時点で、優先順位の付け方がよろしくないですよね。

 

死んでもいいの?

 

「幼稚園にも保育園にも行ってない子供がいるからムリ(怒)!!!」

 

っていう声が聞こえてきそうですけど、

託児所が用意されてる健康診断クリニック、探せば結構ありますよ?

 

私の友達の病児ママは、お子さんをレスパイトの施設に預けて検診行ってます。

(私も、医療ケア児を一時預かりしてもらえる施設をちゃんと登録して毎年更新しています。何かあったときのために)

 

自治体が行っている完全無料の検診ならなおのこと託児スペースが用意されている確率は高い。

 

ゆうり
言い訳って、探そうと思えば探せるんです。

 

でもそうやって言い訳を続けて、気付いたら命に関わる大事になって可愛い我が子とも過ごせなくなっちゃう可能性があるんですよ。

 

ゆうり
もっとちゃんと真剣に考えて欲しいです。

 

定期検診へ行かない人の理由②悪い結果だったら怖いから

ゆうり
えっと・・・・・・ん?????

 

悪い結果だったら怖いから・・・?

 

早めに見つけて治療して元気になればいいだけですよね?

ゆうり
気付いたら末期になっていて「余命2ヶ月です」って言われることのほうがよっぽど怖いと思うんですが。

 

それが70歳80歳に発生するならまだしも、30代40代とまだまだこれからという時に「余命宣告」されたらって思うとそっちのほうが怖くないですか?

 

ゆうり
怖いと思う基準やタイミングがちょっとおかしいです。

 

定期検診へ行かない人の理由③検査で痛いのが嫌

ゆうり
健康診断の検査は乳がんも子宮頸がんも全く痛くないですよ?

 

乳がんはエコーでジェル塗られてボケっとしてれば終わるし(私はエコーモニタをガン見してますけど)、子宮頸がんだって綿棒みたいので膣の手前をちょちょっと擦られて終わり。

 

放置しておいて病変ができて精密検査するほうがよっぽど痛いし、既にガン化してしまっていて手術や抗がん剤といった治療するほうがもっと痛いですよ。

 

ゆうり
体も痛いし心も痛いしお財布も痛い。

 

自治体や会社の健康診断はほぼ無料みたいな額なんですから、受けておかないとお金の面でも大損こきます。

 

乳がんで亡くなった私の叔母と、突然末期ガン宣言された夫の叔母

ピンクリボン

私の叔母は54歳で乳がんにより亡くなりました。

夫の叔母は60歳頃で突然末期がん宣言され、抗がん剤や手術治療をしていますが全身いろいろな場所にガンが散っています。

 

54歳で亡くなった私の叔母

私の父の妹。

叔母はとてもキレイな人でした。

顔は女優の石田あゆみさんにソックリで、なんでもきびきびしていて料理上手。

家族も仲良くて順風満帆にしか見えませんでした。

 

その叔母さんが54歳で亡くなりました。

それ以前から少し体調が良くないというのは聞いていましたが、訃報は突然。

 

闘病中だったことは父にも父の姉にも知らされていなかった。

叔母さんの意向だったそう。

弱った姿を見せたくなかったのか心配させたくなかったのかは分かりません。

 

お別れすることも叶わなかった父は、号泣していたそうです。

 

私も、あんなきびきびして元気な人が亡くなるなんて思ってもいませんでした。

 

「自分は大丈夫」と思わず、検診へ行って下さい。

 

検診へ行っても完全ではありません。

でも、自分の中の謎の自信「私は大丈夫」よりは確実です。

 

突然末期がん宣告された夫の叔母

夫の叔母は現在ガン治療中。

毎年検診へ行っていたのにそこでは見つからず。

あるとき検診半年後にしこりに気付き乳腺外来へ行ったところ乳がんだという事が判明しました。

 

更に精密検査をおこなったところ、末期。

 

北斗晶さんも、毎年健康診断へ行っていたのに見つからなかったと言っていましたね。

 

こういうことはあります。

だからといって、健康診断をおろそかにしていい理由にはなりません。

 

健康診断によって助かっている命は確かに存在するし、セルフチェックで気付く場合だってある。

 

年2回の子宮頸がん検診で異形成が見つかった私の話

乳がんではなく子宮頸がんですが、ちょっと私の話をしますね。

 

私の場合は、毎年最低1回・多くて2回子宮頸がん検診へ行きます。

ハイリスク型HPV保有者だからです。

ゆうり
20代のころ、1万円ほど払い自腹でHPV(ヒトパピローマウイルス)のチェックをしてもらったんです。

何も症状はなかったんですが、意識高すぎ女子なのでHPVを調べたんです。

 

そしたら、ハイリスク型に感染していることが分かりました。

これは性行為経験者であれば誰でも感染する可能性があります。

 

ゆうり
それ以降は「子宮頸がんになる可能性が非保有者よりは高い」という意識で過ごしてきていました。

 

ある年、2回(半年に1回)子宮頸がん細胞診を受けたんです。

 

会社の健康診断と自治体の子宮頸がん検診。

ゆうり
会社の健康診断での子宮頸がん検診ではなんともありませんでした。完全なる正常。

 

そして、自治体のほうで引っかかりました。

要精密検査。

 

ゆうり
精密検査を行ってもらえる病院へ自分で予約をいれて、健康診断や自治体で行われる『細胞診』ではなく『組織診』を実施してもらいました。

 

組織診を行ってくれた個人院の先生は「見た感じもすごく綺麗だからなともないと思うけどな~」と言っていました。

ところが結果は「中度異形成」。

 

異形成というのは、簡単に言えば前ガン段階です。

ゆうり
ガンに変わりそうな悪い顔をしている。

 

高度異形成になったら、手術となります。

 

すぐに県の癌センターへ紹介状を書いてくれて、そこから3年ほど定期的に組織診をし続けました。

ゆうり
高度異形成になったらすぐに手術をして病変を取り除けるようにです。

 

結局正常値に戻ったので手術とはなりませんでしたが、私の高リスク型HPVは体内から排出されないまま残っているので今後も子宮頸がんになるリスクはあります。

 

そのため、こまめな検診と体の異変への意識は高くもっています。

 

乳腺外来精密検査の結果|カテゴリー3

マンモグラフィ

きのう乳腺外来へ行ってきました。

  • 再度エコー
  • マンモグラフィ
  • 触診
ゆうり
私はもともとめちゃくちゃ貧乳なのに、息子授乳後更に貧乳となりました。

 

マンモグラフィ挟めるものありませんけど?

 

っていつも思うんですが、すごいですねぇ技師さんって。

脇肉とか頑張ってもってくる。

 

それオッパイなの?ねぇオッパイなの?

 

ゆうり
なんて思いつつ「マンモいってぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!」って心の中でなってました。

 

マンモまじで嫌い。乳がないから余計に痛い。短時間だから耐えられる。

 

ゆうり
その後は悠々とエコーしてもらって触診。

 

AI(人工知能)が導入された最新機器で石灰化してる場所などを見せてもらい、しこり部分も確認。

 

しこりの様子や大きさなどから「カテゴリー3」との結果。

 

なんだそのハリケーンのようなネーミングは?

 

ガンだと【ステージいくつ】とか聞くけど、【カテゴリー】???

 

なんですかその【カテゴリー】って。

 

もちろん段階を表した言葉なんでしょうけどね。

ゆうり
と思って聞いたら、「カテゴリー4」になると生検と言って針を刺して組織を調べる検査になるんだそう。

 

とりあえず私はカテゴリー3のハリケーン女であることが分かったので、要経過観察。

半年後にまたエコーで変化ないかチェックしてもらうことになりました。

 

子宮頸がんの時と同じで要経過観察ではありますが、定期的に比較し注意しつづけることで「なにかあった場合にすぐ対応できる」という大きな安心感があります。

 

しかも、初めて行ったクリニックですが受付(女性)・技師(女性)・看護師(女性)・医師(男性)すべて丁寧!

ゆうり
電車で行く必要があるけど、良いクリニックを見つけられて嬉しい!

 

おわりに|ママにはまだ大切な仕事があるから死ねない

景色

 

「後悔しないような毎日を過ごす」

 

そうやって私は生きていきました。

だから、もし一人だったり夫婦だけの生活であればここまで生への執着はなかったと思います。

 

けれど今は息子がいます。

まだ10歳と幼いだけでなく、病児です。

 

心臓疾患という内部障害だけでなく、発声の問題・発達の問題。

大きくなれば一人で誰かと意思疎通できて困ったことを伝えられるという状態ではありません。

 

20歳まで生きられないと言われている息子ですが、今後医療が発達し私や夫よりも息子が長生きできる状態になることもちゃんと考えているんです。

 

息子がちゃんと生活していけるように導き整えるという大切な仕事が私にはまだ残っています。

 

だから、私はまだ病気なんかで死ねない。

しかも「面倒だから」「時間がないから」なんていう理由で病気になって死んでしまったら、後悔どころの問題じゃなくなります。

 

成仏できない。

ずっと息子の背後霊として過ごします。

じばにゃん!!!!

 

 

みなさんも、「時間がない」を理由にしないで命を大切にして下さい。

検診によって助かる命はたくさんあるんです。

 

いつも応援クリックありがとうございます♫

  • この記事を書いた人

ゆうり

30代1児のママ。人付き合いは狭く深く長く。ママ友ランチ的な集まりが恐ろしく苦手。 無脾症候群、総肺静脈還流異常症といった先天性心疾患を抱えて生まれてきた息子とのこと・軽度発達障害✕軽度知的障害児への教育方法について・ママ自身のケアや日々思ったことや日常の生活をあれこれと綴っています。バリバリの元ギャル。

-ママ自身のこと, 日々の暮らし
-,

© 2021 ゆうりブログ