ハイブリッドな病 ダー子の世界 無理だろ日記

どうか聞いて欲しい。調理実習のその後の話を。

NomadismLife
小5の調理実習はカップラーメン作りと聞いて

続きを見る

↑ ↑この記事に、調理実習としてカップラーメン作りを提案された話を書いた。

その後の話を今日は書こうと思う。

カップラーメンの果てに出た指令

カップラーメン案が結局なくなり、調理実習そのものがなくなり「ちょ待てよ」な気持ちも失われたある日。

息子トラが家庭科の宿題を持ち帰ってきた。

ご家庭で調理実習をして下さい。

・・・は?

もはや「ちょ待てよ」すらも出てこない。

「は?」の一言である。

家庭科の教科書の調理実習単元に沿ったワークシートをトラは持ち帰ってきていた。

そこには教科書と同じくサラダ作りに必要な材料や必要量などがトラの手により書き込まれており、身支度から片付けまでのいくつかの過程が項目分けされ達成度チェックをする欄がある。

調理実習を家でやってこいという指令。

私のブログを毎日読んでくれているあなたなら、私の感想を先読みしてくれているかもしれない。

クソだりぃ。

要領の良い子供に教えるのだって最初はダルい。

なのに、知的&発達障害の子供に手取り足取り教えるのだ。

クソだりぃよ。

しかも私は大の料理嫌いなんだ。

フレンチドレッシング作成の指令

サラダの内容はこうだ。

キャベツ・ブロッコリー・人参をカット&茹でて、フレンチドレッシングを作成し回しかけて食す。

私一人で作るならなんてことないものだ。

だが、服薬により出血にかなりの注意が必要なトラ。

ほぼ二人羽織り状態で包丁を扱わねばならない。

くっそだりぃ。

しかも野菜のグラム数も計らなくてはならない。

サラダ野菜でいちいちグラムなんて計らんだろ。

くっそダルくてもちゃんとやる真面目ダー子

それでもちゃんとやるのが私。

指令にはない、「土の中にできるお野菜はお水から茹でて、土の上にできるお野菜は沸騰してから入れて茹でるんだよ♡」という説明も丁寧にする優しいママだ。

キャベツが土の中にできるというトラ回答だったので、「スマホでキャベツ畑がどんなのか検索してきてごらん」と伝えて自分で調べさせるほどの丁寧さである。

教科書指令のサラダがあまりにもわびしいと感じた私、勝手にシーザーサラダに変更した。

ミニトマトとクルトンを加え、ヨーグルトや粉チーズを使用してシーザードレッシングを作らせた。

どうせ作るなら美味しくてトラも大好きなもののほうが喜びを感じると思ったのだ。

学校でやるべきことを家庭に丸投げしてきたのだ、自由にやらせてもらおう。

キッチンでサラダ作りのため野菜を茹でていると、書斎から休憩にやってきた夫マスオが驚いていた。

マスオ「なにしてんの笑」

「調理実習、、、家でやってきてくれって。宿題になった、、、。」

マスオ「・・・はwww?」

「調理実習が宿題。」

マスオ「えーwwwww」

さすが夫婦である。

完全に同じ反応であった。

だがちゃんと調理実習をやり遂げた。

恐らく学校でやるよりも中身の濃い調理実習だ。

途中でトラがダルそうにしてたので恩着せがましく言ってやった。

「ダルいでしょ~?料理って大変なんだよ~。毎日ママ頑張って料理作ってるのに、トラちゃんが食べ物ワガママいうの悲しいなぁ。」

トラは好き嫌いはないのだが、無駄に舌が肥えているので味にうるさいのだ。

そんなトラ、私の話を聞いて超悲しそうな顔をしてこう返してきた。

「あぁ~っ・・・それは悲しいねぇ・・・(泣)」

いや、お前さんだよ。

他人事(ひとごと)にすんな。

ランキングに参加しています!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ダー子

重症心疾患✕軽度知的障害✕発達障害グレーのハイブリッド男児育児中。できることなら楽しくラクに人生を歩みたい。転んだらだいたい転びっぱなし。夫1人。子1人。

-ハイブリッドな病, ダー子の世界, 無理だろ日記