自己紹介

はじめまして、ダー子です。

2022年11月13日

このブログに来てくださってありがとうございます、ダー子といいます。

ダー子家の家族構成と仕事

我が家は3人と1匹家族。

夫(1981年生)、わたし(1982年生)、息子(2011年生)、ハムスター(2020年生)です。

夫は会社員で、職業はシステムエンジニア。

私は元システムエンジニアで今は専業主婦をしています。

同居はしていませんが、夫の両親・兄弟、私の両親・兄弟ともに元気に存命です。

私と投資

株式投資は2019年の8月頃に開始しました。

それまでは夫の会社で行っている企業型確定拠出年金にお金を入れていましたが、株式商品ではなく単なる定期預金みたいなものを選んでいたので銀行預金とほぼ変わりありませんでした。

今でもそうですが、お金や経済のことを考えるのが得意ではなく。

私の母は30年以上投資をしていて、兄も20代前半から投資をしています。

私にも投資をすすめてくれていたのですが、「勉強するのがめんどくさい」という理由でアベノミクスの恩恵も米国の成長の恩恵もバッチリ逃しました。

2011年に生まれた息子が重い疾患を抱えていて、生まれた翌日から毎年何度も入院や手術を繰り返してきたため「それどころじゃない」というのもありました。

「自分のことは後回し」とはまさにこのこと、というくらい息子の命を守ることしか考えていなかったように思います。

株式投資に目を向けたタイミング

やっと少しだけ時間に余裕ができたのは、息子が小学校にあがった2018年から。

息子の授業中、私は学校内にある別室で待機することになり、週に数日・各2時間ほど1人の時間ができるようになりました。

ただボーっとしているのはもったいないと思い、専業主婦でも少しでもお金を稼ぐことはできないかと考えたり調べたりするように。

そうして2018年秋ごろ、改めて株式投資に目を向けようと思い「どんなものなのか」という感覚でネット上で観察を始めてみました。

投資本はまだまだ私にとって睡眠薬だったので、投資家さんたち動きコメントをただただ観察していただけです。

そうして観察すること数か月、2018年の12月頃に米国株が下落し日本株も引きずられるように下落する状況の中で悲鳴を上げる投資家さんたちの姿を目の当たりにしたのです。

更にそのまま観察を続けたとき、ふと気付いたのです。

「あれ?あの下落タイミングでもし買っていたら、今ごろかなりプラスになってたんじゃないの?」

安い時に買って高く売る。

当たり前のことかもしれませんが、投資の勉強すらも開始しておらずお金のことを考えるのが苦手な私にとってはゾクゾクするくらいの発見でした。

はじめて購入した投資商品

それからは証券口座の開設をすすめたり、睡眠薬と化した投資本を舟をこぎながら眺めたりと、次の下落をただただ待ちました。

焦らなくても、定期的に下落してるんだなってことにも気がつきました。

そうして訪れた2019年の夏。

いつものごとく米国株に引きずられるように日本株も全体的に下がっていた時期。

初めて購入した株は『FANCL(ファンケル)』と、『ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド』

個別株と投資信託をそれぞれ1商品ずつでした。

当時はまだ財務の見かたなどは全く分からず、なんとなくPBRをチェックし「普段使いしている商品を扱っている」「大手企業」の中からファンケルを選びました。

スイングトレード時代到来

ファンケルを安く購入したあと、ぐんぐん株価は上がり7万円ほどの含み益になり気をよくした私。

かといって、もう株価は全体的に上がっているので長期保有目的で買うには遅い。

暇だしデイトレードしよう。

雰囲気デイトレ。多くの人にとって地獄への入り口です。たぶん。

実際には数日~数週間での売買だったのでスイングトレードだったのですが、スイングトレードという名前すらも知らない中で売買していました。

ヤマハ発動機、豊田通商あたりでスイングを繰り返し小銭を稼ぐ日々。

高配当株の両社、もしマイナスになったとしても「含み損は幻・配当は現実」という伝家の宝刀を繰り出したらいいやと思ってトレードしていました。

それと同時に、ファイナンシャルプランナー(FP)の試験勉強も開始。

資格が欲しかったわけではなく、何から勉強したらいいか分からなかったので広く浅く知識を得られるかなと思いFPを選びました。

ファイナンシャルプランナーの勉強を始めたころは意味が分からなさすぎて本当に地獄。

教本を前にして1人で頭抱えてました。

円高と円安も金利も分かってないレベル。

この教本&問題集を10回以上繰り返して、あとは【FP3級道場】という無料アプリで模擬試験を繰り返して合格できました。

FP受験を考えているかたは使ってみてください。

すぐに訪れたコロナショック

そうして訪れたコロナショック。

ヤマハ発動機、UFJ銀行、小松製作所がガッツリとマイナスに。

含み損50万円くらいになっていた気がします。

もちろん伝家の宝刀を繰り出し、売りませんでした。

「損切りラインを決めてない勝てない投資家」って言われるやつです。

その後ぐんぐん株価が戻り上昇したので1円も損を出さずプラスで売れたので救われました。

伝家の宝刀を繰り出しながら、一方で三菱商事・NTT・KDDI・オリックス・旭化成・三井住友フィナンシャルグループ・eMAXIS Slim米国株式(S&P500)などを日本円で。

VTI・コカコーラ・ベライゾンなどを米ドルで。

嬉々として株を買い漁ったのがコロナショックの思い出です。

下落を待っていた私にとって、コロナショックは最高の買い場だったのです。

全ての銘柄をほぼ底で買えたラッキー主婦。

勝つ投資から負けない投資・守りの投資へ

コロナショックで買い漁った株はその後、ある程度利益がのった所でほぼ全て売ってしまいました。

120ドル台で買い、その後ずっと買い増しをしていたVTIですらも220ドル近辺で売却。

インデックス投資家としてあるまじき行為。

ドル転したり円転のタイミング考えたり手数料を気にしたりというのが嫌になったのです。

現在は、株式資産のすべてを【eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)】に一本化するため手持ちの個別株を少しずつ売っている最中。

同時に毎日自動でeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の積み立てもしています。

最終的には【eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)】のみにしたい。

この商品の組込み銘柄も今のところ米国の割合が多いですが、全世界が投資対象ということで精神的安心感があります。

投資で稼ぎたいという気持ちはまだありますが、「稼ぐ」よりも「守る」ことにより重きをおきたい気持ちが強くなったのです。

まだ持っている個別株はこのようなラインナップになっています。

保有中の個別株

オリックス・三井物産・伊藤忠商事・住友林業・積水ハウス・デンカ・三井化学・日本碍子・ジャックス・三菱HCキャピタル・第一生命HD・鹿島建設・ソフトバンクモバイル・エネオス・JFE・伊藤忠エネクス・バルカー・アサヒホールディングス・NFJ-REIT
(※リート以外の各銘柄100株~300株保有)

売却完了の個別株

SRAホールディングス

またeMAXIS Slim米国株式(S&P500)や楽天VTIなど、追加購入はしませんが現在保有している米国指数連動の投資信託は売らずに持ち続けます。

なので、手放すのは個別株とJ-REIT。

売却が済んだ銘柄は順次ブログで報告し、こちらのページ(上記一覧)も更新します

資産形成の目的

「空き時間にちょっとお金稼げないかな」から始まった株式投資。

時間が経つにつれて資産形成というものを考えるようになりました。

資産形成について考えてから投資を始めたわけではないのです。

資産形成の目的はこちら。

息子を含め家族3人が現在も将来もお金に困らない生活を維持すること

息子はかなり重症な内部疾患と軽度知的障害を抱えており、将来的に労働収入を得るのはかなり厳しいと考えています。

在宅でのPC作業などで身体を休めながらも収入を得られたとしても、微々たるものの可能性。

それでいて息子の疾患は障害年金を支給される可能性も相当低いのです。

そうなると、将来もらえるかどうか分からない夫&私の年金に加えてそれまでに形成した資産とで3人の生活を続けなくてはなりません。

障害者手帳1級かつ指定難病ですが福祉系の手当てもほぼ全て所得制限により打ち切られ、児童手当と合わせても月々12,000円をいただいているだけです。

今後さらに増えるであろう税金や社会保険料、なくなるかもしれない配偶者控除。

とはいえ毎日息子に付き添う必要のある私は外に働きに行くことはできません。

嘆いていても仕方がないため、今できる準備をしていこうと思っています。

それに、国民皆保険制度があり新生児医療も発達している日本という国で生まれたからこそ息子の命は繋ぎ止められているのです。

ないものや貰えないものに対して不満を抱くより(抱いちゃうけど)、今あるものや与えてもらっていることに目を向けて感謝の気持ちを持ち伝え続けることを大切にしたいなといつも思っています。

このブログで書いていくこと

このブログでは、次のような内容で記事を書いていきたいと思っています。

・これからの資産推移
・日々の倹約やザックリ収支
・投資を含め資産形成に対する考えかた
・子育てや病児育児にかかわるお金や福祉
・保険、税、投資などに関するニュースの共有
・今までどのように資産を増やしてきたのか(投資とは関係ないポイント)

投資をはじめて3年が経過しファイナンシャルプランナーも合格してもなお得意ではないお金や経済のはなし。

1の位から「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、、、、」って数えないと100万円以上の金額を読めないですタスケテ。

記事を書くことで私自身が苦手なことから逃げずに目を向け、より効率的に資産形成ができていけたらいいなと考えています。

優しく見守ってもらえると嬉しいです。

大切にしていること

お金・人生・仕事・パートナー・家族。

全てにおける価値観は人それぞれ違うものだし、尊重しあうべきものだと考えています。

そのため、このブログに書く内容はあくまで私の考えかたであって他の考えや価値観を否定するわけではないことを理解しておいてもらえると嬉しいです。

ダー子はそういう人なんだなって思っていて下さい。

また商品や知識に関して書く場合、内容が間違ってしまう場合もあります。

それはひとえに私の勉強不足であることは間違いないのですが、書かれている内容を鵜吞みにせずご自身で調べなおし納得してから行動して下さい。

「正しい知識はあなたを守る武器」だと思うのです。

よろしくおねがいいたします。

ダー子。

ランキングに参加しています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ダー子

2019年に株式投資をはじめた専業主婦。難しいことがなかなか理解できずいつまでも初心者タスケテ。家族3人が将来困らずに生きていくためにコツコツ資産形成中。指定難病のある小学生のママ、1982年生まれです。

-自己紹介
-