うちの資産

我が家の資産状況(2022年11月)

我が家の純資産における各割合いは2022年11月現在このような感じです。

現金38.42%
株式(現物)22.58%
投資信託19.57%
企業型確定拠出年金6.83%
12.61%
ゴールド現物
純資産を100とした場合の割合い

車は購入時の金額ではなく、現時点で盗難された場合に下りる補償額を元にしています。

購入後、年々補償額が減っていく悲しみ。

プレミアついてほしい。

借金(ローン)

ローンはないです。

車も必ず現金一括で購入。

家をはじめとする不動産を購入する予定は今のところなく奨学金返済などもないので、借金ゼロという状況です。

そこまで田舎じゃない駅チカ広い土地で中庭付きの平屋住みたい人生だった。

金融資産

我が家が現在持っている金融資産は以下の通りです。

保有中の金融資産

・株式(現物)
・投資信託
・企業型確定拠出年金
・現金(日本円)

現金を除く上3つの株式資産を合わせると、純資産の48.98%。
企業型確定拠出年金には若干債券も入っていますが、めちゃくちゃ少額なので無視してます。

株式現物の保有銘柄は自己紹介記事をご覧ください。

株式(現物)

自己紹介記事にも書いたように今後は個別株をすべて売り、そのお金をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に入れます。

高配当株で揃えているので、含み損になった場合は伝家の宝刀「含み損は幻・配当は現実」を繰り出し保有し続けるという例外はあるかもしれません。

投資信託

現在保有している投資信託は家族3人分でこのようなラインナップ。

保有中の投資信託

・eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
→評価損益みんなバラバラ

・eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
→評価損益みんなバラバラ

・楽天VTI
→評価損益35.8%

楽天VTIは息子のジュニアNISAに50万円ほど入っているだけ。

eMAXIS Slimシリーズの2つは夫婦それぞれの一般NISAや特定口座、息子のジュニアNISAにバラバラになって息を潜めています。

オルカンおよび息子のS&P500以外は積み立てをストップさせているため、あとはただひたすら保有し続けるだけ。

毎日積み立てを継続しているもの

・eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
→夫(一般NISA&特定口座)、私(一般NISA&特定口座)、息子(ジュニアNISA口座)

・eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
→息子(ジュニアNISA口座)

一般NISAに入っているぶんはギリギリまでロールオーバーさせる予定ですが、非課税期間中に売却するか特定口座に移すかはまだ決めていません。

NISA枠は永久非課税にしてくれたらいいのにって思います。

企業型確定拠出年金

夫の会社で行っている企業型確定拠出年金(DC)は以下の商品を保有中です。

確定拠出年金

・みずほ信託外国株式インデックス
→評価損益39.02%

・DIAM国内債券インデックス
→評価損益-4.87%

確定拠出年金はマッチング拠出制度を利用して上限額いっぱいに活用中。

転職して今の会社に入ってから8年か9年(たぶん)経過し長いこと定期預金みたいなのに入れていただけですが、途中から『みずほ信託外国株式インデックス』に変更しました。

DIAM国内債券はかなり少額。

ずっと放置しています。

いつか手放して『みずほ信託外国株インデックス』にまとめたいです。

国内債券は積み立て額もマイナス額も少額なので、今のうちにさっさと外国株式インデックスに振り分けてしまおうかな。

現金

私は現金があると安心するので多めに持っています。

株式現物や投資信託などのどの資産よりも、純資産における割合が多い(たぶん多すぎる)のが現金です。

しかし、日本円。

日本円で持ち続ける恐怖、共感してくれるかたいますか?

株式に関しては全世界に広く分散投資されてるeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に一本化するので、今後はもう少し現金比率を下げていく予定。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は為替ヘッジを行わない商品なので、円安が進んだ時(円の価値が下がった時)の安心材料にもなるかなと考えています。

なりますよね?

為替の考えかた間違ってないですよね?

現金が多めにあると「株価が下がったときに多めに入金できる」というメリットもあるのでバランスが大事ですよね。

コロナショックの下落時に大量に株を購入できたのは、下落に備えて現金を温存させていたからなのです。

機会損失しない程度に株にお金を入れておき、チャンスを逃さない程度に現金も持っておきたいな。

実物資産

保有中の実物資産は以下の通り。

保有中の実物資産

・車
・ゴールド現物

駅徒歩7分の場所にすんでいますが、息子の通学・通院に必須なので車は絶対に手放せません。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

資産に車を計上するのはどうかなとも思いましたが、外車の人気車種なので資産価値多少はあるかなって。

だめ?

息子が休みなく歩けるのは100メートルほど。

それでもかなり息切れをしてしまい、血中酸素飽和度も50台まで低下してしまうのです。

学校内の教室移動も車椅子に乗り担任の先生に押してもらうことも少なくありません。

疲れてない正常時でも80台前半。

息子の医療用品も重くかさばるため、息子を車椅子に乗せ荷物を背負って通学・通院もムリなのです。

大学4年で免許取得して以来7年ほどペーパードライバーだったので、息子が生まれてから必死に運転の練習し直しました。

ゴールド

コロナショックの年からSBI証券でゴールド・プラチナ・シルバーの現物も毎月3万円積み立てていたのですが、ウクライナショック前後あたり今年2022年2月~3月にかけて全部売って株購入の資金にしてしまいました。

すぐに売っちゃうクセ~(泣)

積み立てていたゴールドとは別に、親から生前贈与でもらったゴールド硬貨(メープルリーフ金貨)があります。

「私たちが死んだあと、生活に困ったらこれを売りなさい」

みたいなメッセージと共に兄弟全員もらいました。

まさに「有事の金」。

兄弟全員が赤ちゃんの頃からコツコツ買い増ししてくれていたらしいです。

愛。

現時点でこのメイプルリーフ金貨を売った場合の価格がいくらになるか知らないので、資産額としては「?」にしておきました。

こういう適当なところがいけないんだろうなぁ。

兄弟不公平にならないよう同じ分だけ少しずつ生前贈与してくれています。

贈与税に気を付けて渡してくれてるのはさすが母。
投資歴30年以上は伊達じゃない。

不動産

「ローン」の項目にも書きましたが、不動産は持っていません。

実家・義実家ともに相当な広さの土地(平地・山・田んぼ・畑など)とそれぞれ戸建て住宅がありますが、いずれも相続する気はないということを伝えてあります。

生きてるうちに処分すると言ってくれていますが、間に合わなかった場合は相続放棄をすることになっています。

義実家のほうは義弟がたぶん欲しがるので、ぜひ全部もらって欲しいと夫は言っています。

次回は2022年12月に資産状況公開となります。

ランキングに参加しています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ダー子

2019年に株式投資をはじめた専業主婦。難しいことがなかなか理解できずいつまでも初心者タスケテ。家族3人が将来困らずに生きていくためにコツコツ資産形成中。指定難病のある小学生のママ、1982年生まれです。

-うちの資産
-,