出産当日 息子の病気の履歴 日々の暮らし

【出産当日のこと】息子の病気発覚後、義両親からもらった言葉

 

老夫婦

 

10年前のことを振り返りながら義両親との会話も思い出したので、ここに書き留めておこうと思います。

 

 

夫の両親は私のことをすごくすごく可愛がってくれていて、いつも「ゆうりさん、ゆうりさん」って夫の事よりも私のことを気遣ってくれているんです。

 

ゆうりママ
息子を妊娠したときも本当に喜んでくれて、息子の誕生を心待ちにしてくれていました。

 

私はどちらかと言えば責任感が強い方で、妊娠中はお酒をはじめ嗜好品を断ちとにかく安全に我が子が育つようにと相当気を遣って過ごしていました。

 

 

ゆうりママ
仕事中に会社で大量出血したり(切迫流産)、妊娠後期には切迫早産疑いにもなったため妊娠期間中はほとんど安静状態でしたが。

 

ここまで気遣って大事に大事にお腹の中で育てた我が子が、重い障害を持って生まれてきた。

 

息子にも夫にも義両親にも「ごめんなさい」という気持ちしか沸かなかったんです。

 

私の場合、病気そのものを受け入れられない・病気のわが子を受け入れられないということは一切なかったです。

 

出産当日、夫が息子の病院から戻ってきてすぐに義両親も私の病室へ来てくれました。

 

義両親は夫とは別の車で息子の病院へ行ってくれてたんです。

参考記事:【出産当日のこと】突然突きつけられた数々の先天性心臓疾患①~陣痛開始から緊急搬送まで~

 

義両親が病室へ入ってきた瞬間、私が取った行動。

 

それは、横になっていたベッドから立ち上がり義両親に向かって「本当に…申し訳ありません。」と言いながら頭を下げたことでした。

 

妊娠中の私の行動がいけなかったのか、私の身体そのものがダメだったのか、それとも切迫流産になったあの時に仕事していたことがだめだったのか・・・。

 

とにかく、「私の何かがいけなかったんだ」という思いが強かったんです。

 

私にとっても大切な息子ですが、義両親にとっても大切な孫。

 

義両親からみれば、大好きな息子のそのまた息子です。

 

ゆうりママ
私自身も責任感の強い母親のもとで育っているので、「なにかあったら母親のせいだ」という感覚になってしまっていたんですね。

 

ところが、義両親は開口一番こういってくれたんです。

 

 

「誰のせいでもないからね!大丈夫だからね。みんなで育てていこうね。大丈夫だからね。」

 

朝日

 

その言葉を聞いた瞬間、胸が締め付けられて声に詰まってしまいました。

 

「はい…ありがとうございます….。…ありがとうございます…。

 

泣くのをこらえてやっと絞りだせたのがこの言葉でした。

 

 

本当に優しくて温かくて、夫も義両親も誰一人として「どうしてこんなことになっちゃったんだろう」って原因を追求することをしなかった。

 

ゆうりママ
仏!菩薩!神!

 

 

本当に、救われました。

 

 

私はその後も無脾症(無脾症候群)の英語論文をデータベースから探しだし英語辞典片手に読んだりもしましたが、結局は「遺伝子の突然変異」というところにしか行き当たりませんでした。

 

ただこの行動も、「なぜ息子が病気で生まれたのか原因を知りたい」という理由ではなく「原因が分かれば良い治療法を考えることが出来るんじゃないか」という思いからなんです。

 

 

ゆうりママ
私は産後かなり早い段階で「息子のために出来ることやるぞ!」と前向きになれました。

 

だってそこに、義両親の「誰のせいでもないからね」「一緒に育てていこう」という言葉があったから。

 

 

夫と結婚して一番良かったと思えるのは、この素敵な義両親に出会えたこと。

 

義両親と家族になれたこと。

 

これは結婚して11年目を迎えた今でもそう思います。

 

ゆうりママ
この義両親じゃなかったら既に夫と離婚していたかも(笑)そのくらい、夫に代わって私を支えてくれている存在なんです。(同居ではないです)
ゆうりママ
夫は楽観主義かつ私に一切のことを任せてくれているためか、入院中緊急オペになった際も病院へ駆けつけなかったほどの人物。(そこは駆けつけようよ泣)

 

 

そして実はあと2人、私の気持ちを上へ前へと押してくれる言葉を産院入院中にかけてくれた人がいるんです。

 

ゆうりママ
そのうちの1人が、実の兄です。

関連記事:【産院入院中のこと】息子の病気発覚後、実兄からもらった言葉

 

  • この記事を書いた人

ゆうり

30代1児のママです。疾患を抱えて生まれてきた息子とのこと・発達障害児への教育方法について・ママ自身のケアや日々思ったことや生活のコツを綴っています。

-出産当日, 息子の病気の履歴, 日々の暮らし
-, , ,

© 2021 ゆうりの楽育MaMaブログ