ブログメンテナンスに関するお詫び

【キャンピングカー】車検費用、安い?高い?

キャンピングカー車検

ゆうり
こんにちは、キャンピングカーオーナーのゆうりです。

 

約半年ほど前に中古キャンピングカーを購入した我が家、先日初めての車検に出してきました。

今日は、車検にかかった金額・失敗した点などをご報告したいと思います。

ゆうり
キャンピングカー購入を考えている方は、維持費計算の参考にして下さい★[

 

今日の記事の内容

  • 車検費用の内訳
  • 車検時に発生したトラブル

 

中古キャンピングカー購入後、初車検

新車で購入した場合は初車検まで何年かありますが、我が家は中古車購入。

購入から5ヶ月後の車検でした。

 

もちろん、次回車検がいつなのか?というのを確認し納得した上で購入しました。

 

ゆうり
中古でキャンピングカー購入を考えている方は、車体価格だけでなく車検はいつなのか?ということもチェックして下さいね。

キャンピングカーの車検を行ってくれるお店を探す

我が家の場合、購入したビルダーさんでも車検を行ってくれるとのことでした。

 

ただ、価格比較をしたかったので、近所のメーカーさんに電話をしてキャンピングカー車検を行ってもらえるか問い合わせてみました。

近所3店舗に問い合わせ

問い合わせてみたのは近所で見つけたトヨタ系列店の3店舗(トヨタ自動車2店舗とネッツトヨタ1店舗)です。

ゆうり
いずれも「店舗外から見たときに大きめの整備場があるように感じたから」というだけの理由です。

問い合わせ結果:受け入れ可能は1店舗のみ

キャンピングカーの車検を行えるとの回答をいただけたのは、トヨタ自動車1店舗のみでした。

ゆうり
その他の店舗は、「整備場の高さが足りない」という理由から受け入れ不可でした。

見積り比較

見積もり総額は以下のように差が出ました。

1、ビルダーさん  169,030円
2、トヨタ自動車さん  102,996円
差額    66,034円

(重量税・自賠責保険料等の法定費用全て入れた額)

 

トヨタ自動車さんでは印紙代が1,000円で済むのに対してビルダーさんは印紙代1,800円であったりという差がありましたが、大きな違いは【整備代金】でした。

ビルダーさんの車検費用が高い理由

ゆうり
6万円以上の差額が出たため、ビルダーさんに「なぜこんなに高いのか?」という事を問い合わせてみました。

 

ビルダーさんから得た回答内容は

「全てバラして点検するから」

でした。

 

一般的なチェック項目に従った車検整備に加えて、キャンピングカービルダーだからこそ可能な【全バラし】点検。

 

具体的にどこまでバラすかまでは聞きませんでしたが、年数が経過するほど色々な場所にガタがくるのは確か。

 

我が家のキャンピングカーは製造からまだ5年目なのでまだ全バラしの車検(整備)を行わなくても良いけれど、「後々は全て点検することを考えたほうが安全だと思う。」との回答をいただきました。

車検店舗決定

ビルダーさんからの回答を受けて、今回はトヨタ自動車さんへ車検をお願いすることにしました。

車検日当日

車検当日は10時からの予約。

夫がキャンピングカーを運転してトヨタ自動車さん(自宅から車で10分以内の場所)へ持っていきました。

代車はプリウス

450万キャンピングカーの代車はプリウスでした。

 

以前ミニバン(新車価格230万ほど)が事故にあったときに出た代車はBBのような車だったのですが、これがもうオモチャみたいで運転しづらかったんです。

それに比べてやはりプリウスは乗り心地が別格だったようです。

大失敗!車検が通らない

夫がプリウスで戻ってきてから、子供のお世話をバトンタッチして私は歯医者へ行ってのんびり歯のクリーニングへ出かけました。

傘に当たる雨音を楽しみながらのんびり雨の日散歩をして帰宅したら・・・

 

夫「早く!早く!トヨタへ行かなくちゃ!車検が通らないって!」

 

玄関ドアを開けた途端、無口な夫が珍しく小さく吠えました。

 

ゆうり
水道タンクとガスコンロ(卓上コンロ)を載せ忘れたそう

キャンピングカーの車検は搭載品に注意

このように、搭載させておかないと車検に通らないというグッズがキャンピングカーにはあります。

一般車両と同じ感覚でいると、我が家のような失敗をおかしますのでご注意下さい。

 

ゆうり
事前にしっかり確認して下さいね。

 

キャンカーオーナーさんならご覧になった事があると思いますが、

キャンピングカーのアクリル窓に付いている【謎の短いチェーン】も、絶対に車検に必要です。

 

窓開閉のたび「何に使うの(笑)?」と思う程ただ邪魔くさいチェーンですが、「これがないと車検に通らないので絶対に取らないで下さいね!」とビルダーさんから説明を受けてから納車しているので、勝手に取り外すことなく放置しています。

ゆうり
ちゃんと説明受けてなかったら多分外してました・・・ただプラーンと垂れ下がってるだけで、閉める時に挟まって邪魔なので。

車検にかかったトータル時間

7時間ほどかかりました。

途中で水道タンク&卓上コンロ事件があったことを抜かせば、6時間ほどで完了したのではないかと思います。

詳細金額

車検整備代と法定費用合計費用です。

94,000円

それぞれの内訳は、以下となりました。

車検整備代

整備代金は以下となります。

整備代金 28,470円
検査手続代行料等   9,720円
合計 38,190円

点検・検査の他には以下の項目が請求書に記載されていました。

  • 冷却液取替え
  • エアクリーナーエレメント点検・清掃
  • バッテリー能力チェック(比重、電圧等)
  • タイヤ空気圧・調整
  • オイル交換

法定費用

重量税 24,600円
自賠責保険料 30,210円
印紙代等   1,000円
合計 55,810円

 

支払い方法

お世話になったトヨタ自動車さんではクレジットカード払いOKだったので、一括払いさせていただきました。

(ビルダーさんは現金か銀行振込のみなので、クレカポイントをつけることが出来ず、毎回悶々としています。)

車検証とシール

車検証とフロントガラスに貼る丸いシールは、後日郵送で送られてきました。

キャンピングカー年間維持費

初めての車検も終わり、大体の年間維持費が見えました。

これから購入を考えている方は年間維持費が気になる所だと思うので、よければこちらも記事もご覧になって参考にしていただけたらと思います。

キャンピングカー年間維持費【キャンピングカー】年間維持費を公開!(税金・車検・燃費・保険等)