【キャンピングカー】ポータブルトイレ種類と臭い対策

ポータブル水洗トイレ
スポンサーリンク

キャンピングカーは家と同じで、少しずつ手を加えて自分たちが快適に過ごせるように変えていく必要があります。

▼収納の快適化はこちらの記事▼

【収納】キャンピングカーのスッキリ収納アイデア(写真付き)

2018.06.03

 

▼荷物・人の転落防止策はこちらの記事▼

キャンピングカーのベッド転落防止策 を写真付きで解説するよ!

2018.06.05

 

ゆうり
今日は、キャンピングカーに後付けで載せるポータブルトイレをピックアップ!

なお、我が家のキャンピングカーに搭載しているポータブルトイレの使用方法詳細記事はこちらです。

↓ ↓ ↓

キャンピングカーにおすすめのポータブルトイレDometicの使い方

2018.07.13

キャンピングカーにトイレは絶対必要アイテム

トイレは、ママ&女性目線で「絶対にないと困る!」キャンカー設備アイテムです。

 

コンビニやサービスエリア・道の駅で用を足せばいいじゃんと思った方もいるかもしれませんが、わたしは絶対に無理です。

なぜなら、汚いトイレが多いから。

SAはマシなトイレが多いけれど…

最近サービスエリアはトイレが綺麗になってきましたよね。

 

けど道の駅もパーキングエリアも、まだまだ汚いトイレが多いです。

もう臭いがきつい。廃れた公園にある公衆トイレの臭いです。

 

そんな所で用を足したくないし、子供を連れて行くのも嫌だな~って思うんです。

子供は突然「トイレ!」と言う生き物

身近に小さい子がいる方はわかると思いますが、

子供って突然言い出すんです。

「だからさっきトイレは?って聞いたじゃん~。」っていう事も日常茶飯事。

 

そんな時に限って近くにトイレがない!

でも…

キャンカーにトイレ設備があれば親も子供も慌てずに済みます。

特に夜のトイレには絶対に行きたくない・行かせたくない

更に、日が沈んでからトイレへ行くのも怖い。昼間でも人気のない奥まった場所は絶対に無理です。

オバケが怖いとかじゃなくって、「人」が一番怖い

 

あんまり使用者がいないような場所って、良くない事(犯罪に絡むこと)が起こりやすいですよね。

使用者がいる昼間のトイレでも覗かれたことがある私は、どの時間帯でも恐怖を覚えながら用を足しています。

 

だから、キャンピングカーを購入したいと思った理由の一つに入れても良いくらい、車内トイレは付いていて欲しかったんです。

キャンピングカー内のトイレは、身を守る設備でもある

こういう経験から、トイレは「身を守る」重要アイテムでもあるんです。

 

24時間関係なく襲ってくるのが生理現象。そう、お手洗い。排泄。

これだけは我慢でどうなるものでもないんですよね。身体にも悪い。

すぐに・安全に排泄出来るというのは大切です。

【車中泊トイレ】夜間、激痛襲来。

2018.06.25

キャンピングカーではどんなトイレを選んだら良い???

ポータブルトイレ~1回ごとの使い捨てタイプ~

我が家がまずチョイスしたのは、凝固剤の入った袋タイプ。

災害時用によくあるやつですね。

 

▲これは、<小>だけの時用。

 

▼<大>も兼ねる時はこっちの2つをセットにして使用。

多めに持っておけば、災害時に重宝するので一石二鳥。

袋を処理するだけで済むので後片付けがラクです。

また、組み立て式の便器は汚れれば新しいのにして清潔を保てますよ。

 

ポータブルトイレ~高圧水洗タイプ~

【車中泊】夜間、激痛襲来。この事件のあと、我が家は水洗タイプに買い替えました。

【Dometicポータブル水洗トイレM】

まず水を充填。

ポンプを10回~15回ほど押すことで圧力が高まって、充填してある水が高圧力で流れます。

 

最高26回の水洗が可能。

イメージ的には飛行機や新幹線のトイレみたいな感じでしょうか。

最後は、貯まった汚物を家のトイレに流して処分すればOKですよ。

 

▽こちらの消臭分解剤を入れておけば汚物もペーパーも水溶に変わりますので、本当に【流して処分】で済みます。

 

【Dometicポータブル水洗トイレL】

うちが購入したのはこちらのLサイズ。腹痛事件の事もあり、値段も良心的で容量が大きいもののほうが安心だと思ったからです。

キャンピングカーにおすすめのポータブルトイレDometicの使い方

2018.07.13

Thetford PPエクセレンス ポータブルトイレ】

この商品は若干お値段が張るのが難点。ただ、タンク容量も水洗容量も大きく汚水タンクを取り外して処分出来る所がとても魅力的。

予算がある方は、検討してみてはいかがでしょうか?

 

Thetford PPQ335 ポータブルトイレ】

 

コンパクトかつ3.4kgと軽量なのがこちら。汚物タンクにインジケーターが付いているので、汚物処分のタイミングが分かるのが良いですね。

軽量とはいっても洗浄水タンク15リットル・汚水タンク12リットル・連続使用回数 : 約33回と、十分な容量を備えていますよ。

 

ポータブルトイレの臭い対策

トイレを置くマルチルーム等に換気窓や換気扇が付いていない場合は、特にニオイ対策をしっかり行いましょう。

消臭・分解剤

ポータブル水洗トイレを置く人は、絶対に併用をオススメします。

汚物タンクに入れておくと便や紙も分解してくれるので、片付けもラクになりますよ!

 

置型消臭剤

我が家では、こちらの置型消臭剤も併用して万全の対策です。

スプレータイプのファブリーズを使用していたんですが、スプレーするのが面倒になったので置型に変えました。

 

車内泊でトイレが邪魔になることはない

いかがでしたか?

バンタイプのファミリーカーなんかでも、3列目シートを跳ねあげてスペースを作ればトイレを置くことはできます。

そういう場合は、水洗タイプの置型ポータブルトイレ(分解消臭剤イン)をオススメします。

 

しっかりトイレとしての個室を確保出来るキャンピングカーでは、水洗タイプでも1回タイプでもOKですね。

 

とにかく、車内において「トイレ」が邪魔になることは絶対にありません。

いざという時に本当に役に立ちますし、その「いざ!」がいつ来るかなんて分からない。

だからこそ、備えておきましょう。

 

▼綺麗なトイレがある道の駅の記事(それでも夜間はキャンカー内で用を足しましたよ)

【車中泊レポ】保田小学校 でマナー違反のグループに遭遇!(2018年10月11日追記あり)

2018.06.04

スポンサーリンク