【キャンピングカー】マックスファンは必要?不要?導入すべきパターン3選

マックスファン

こんにちは、キャンピングカーオーナーのゆうりです。

 

キャンピングカーを購入すると、少しずつ色んな設備や機能について詳しくなっていきます。

天井に付いている換気扇も、その設備の一つ。

『ルーフベント』だったり『ベンチレーター』などと呼ばれています。

 

この換気扇にはいくつか種類があって、グレードの高い商品に『マックスファン』と呼ばれるものがあります。

本記事では、マックスファンがどのようなものなのか・現在マックスファンじゃない場合にマックスファンにグレードアップさせる必要があるのかどうかについて言及します。

実際にベンチレーターからマックスファンへと変更した我が家の視点でお伝えします。

マックスファンへの付け替え工賃も公開しているので、参考になれば嬉しいです。

 

ベンチレーターとマックスファンの違い

マックスファンとベンチレータ、どちらも換気機能のある設備という面では同じですが、形状と性能が違います。

ベンチレーター

車外から見ると、ベンチレーターは若干盛り上がっている程度。

蓋が上に開くだけのシンプルな作りになっていて、雨が降ればそのまま車内に入ってきてしまいます。

ベンチレーター参考写真
ベンチレーター
参考:東和モータース販売HPより

車内からクルクルとアナログダイヤルを回すと、ベンチレーターの蓋が開くようになっています。
ベンチレーター

風量調節や風の向き(車内→車外/車外→車内)変更は出来ません。

マックスファン

車外から見ると、マックスファンはキノコのような突起状になっています。

 

車体前側から見ると、このように換気口が下を向いているのがベンチレーターとの大きな違い。

マックスファン
参考:東和モータースHPより

この作りのおかげで、雨が降っても車内に入ってきません。

ベンチレーターとの違い

  • 換気の強さ調節が可能
  • 換気の向き変更が可能(車外→車内/車内→車外)

マックスファンへの交換費用内訳

我が家の中古キャンピングカーは元々ベンチレーターが付いていたので、ベンチレーター→マックスファンへ交換してもらいました。

商品代(マックスファン代金)と工賃を合わせた価格は68,040円でした。

内訳は以下となります。

マックスファン交換費用内訳
マックスファン部品代 42,120円
工費(コーキング・資材) 25,920円
合計費用:68,040円

マックスファンが必要なケース3選

マックスファンが絶対必要だと思うパターンは3つあると考えています。

ここでは、それぞれの理由を記載しています。

ケース1:キャンピングカーで車内調理する場合

キャンピングカーの車内で調理をする人は絶対に必要です。

ガスボンベではなくIHなどの調理器具であっても、煙の換気が必要になってくるのでマックスファンは欠かせません。


「ベンチレーターでも換気してくれるじゃん」

と思うかもしれませんが、ベンチレーターだと雨の日に使用出来ません。

使用出来なくはないですが、車内が雨で濡れてしまいます

既述の通り、ベンチレーターは換気口が真上を向いているからです。

ベンチレーター
参考:東和モータース販売HPより

 

マックスファンであればこの換気口が下向きになるので、雨が侵入してくることなく換気する事が出来ます。

マックスファン
参考:東和モータースHPより


「調理しようと思って食材を準備していたのに、雨で料理が出来ない…」

ということを防ぐためにも、車内調理をする方にはマックスファン搭載をオススメします。

相当横殴りの雨じゃなければ、マックスファンは使えます。

突然の横殴り雨に降られたことがありますが、それでも車内に入ってくることはなかったです。

ケース2:車内にトイレを置いている場合

車内マルチルームなどにトイレを置き、更にその場所に窓や換気扇が付いていないキャンピングカー(うちがこのパターン)。

その場合は、マックスファンは絶対にあったほうが良いです。

車内空気を清潔に保つためにも、是非マックスファンにしましょう。

我が家はマルチルームの中に強力消臭剤を置いているのでルーム内の臭いは消えますが、マルチルームから出る時に漏れ出た臭いを取り除くには、やっぱり換気機能が必須!

雨の日でも換気出来るよう、マックスファンを選んで下さい。

 

マルチルーム内に置いているドデカい消臭剤

created by Rinker
無香空間
¥998 (2019/08/20 22:42:29時点 Amazon調べ-詳細)

これ、本当に消臭パワーすごいです(笑)

私のウンコ臭も問題なし。

普段便の臭いがほとんどしないという草食さんも、いつなんどき臭すぎる便が出るか分からないので用心して下さいね。

 

ケース3:おならが臭い人が家族にいる場合

絶対にマックスファンにしてください。倒れます。

マックスファンに関する、よくある勘違い


「マックスファンを動かしておくと室内が涼しく保たれるんだよね?」

と思われがちですが、それは完全なる勘違いです。

涼しくなんてなりませんのでご注意下さい。

 

外気温と同じくらいまでは下がりますが、『夏の暑い日に室内温度を下げる為に使おう!そのために取り付けよう!』なんて絶対に思わないで下さい。

もし外気温が30度であれば、車内温度もそのくらいまでは下がるというレベルです。

30度なんて、涼しくもなんともないですよね。

車内で30度なんてまだまだ汗かく室温だし、熱中症も怖いです。

注意
マックスファンは、クーラー代わりにはならない。雨の日でも使えるというだけの、単なる換気扇。

自宅の換気扇を回したところで、扇風機のようにすら涼しくならないのと同じです。

我が家のように室内用エアコン取り付けが出来ないけどエンジンを切ったまま風を流したいのであれば、サーキュレーターをオススメします。

我が家のキャンピングカー内にも常に置いた状態にしています。

サーキュレーター

サーキュレーター

これはアイリスオーヤマの首振りタイプ(首振り機能ぜったいあったほうがいい!)で、3,000円以下で購入。

全然壊れないし、かなり良い買い物しました。

我が家が搭載している350Wインバーターでも余裕で稼働します。

うちと同じ型番・色の首振りサーキュレーター

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥2,680 (2019/8/20 15:40:20時点 Amazon調べ-詳細)
『サーキュレーター』+『マックスファン』+『居住区側窓いくつか解放』で、そこそこ涼しくはなります。

注意
就寝時は、小さい窓だけの解放にして下さいね。悪い人に侵入者される危険があるので。

マックスファン実験:室温キープボタンは効果があるのか?

マックスファンのボタンの中に、『一定の室温に保つ』というものがあります。

キャンピングカーマックスファン

“HOLD TO SET 78°F”

日本語訳すると、『華氏78度(摂氏26度)に保つ』です。

雨天時の換気メインでマックスファンを取り付けたものの、帰ってきたキャンピングカーの天井を見て『こんなボタンあるんだ~!』と期待した私は、早速試してみました。

キープボタンを押して1時間放置しました。

室温キープボタン押下前
試験開始時外気温 32度
試験開始時車内温度 32度

 

室温キープボタン押下1時間後
試験開始時外気温 32度
試験開始時車内温度 32度

ひどい(笑)

ということで、『26度に室温キープするよボタン』で26度にはなりません。

取り付けをお願いしたキャンピングカービルダーさん(※)も


「このボタンは意味ないですよ(笑)」

と言っていました。

(※マックスファンのメーカーではなく、商品を仕入れて取り付けてくれただけです。)

マックスファンだけで今の日本の夏をしのぐ事は無理です。

エンジンを切っておかなくてはならないのであれば、高原や川沿いなど涼しい場所へ遊びにいって下さい。

まとめ:マックスファンを取り付けるほうが良い場合・人

ということで、わたし視点でのマックスファン必要な場合・人はこちらになります。

  • 車内調理を頻繁にする
  • おならが臭い
  • トイレルーム内に換気機能がついてない

最近は突然の雨も多いし、おならが臭い人も結構多いし、30代以降は加齢臭もするので、個人的には付けておいたほうが良いと思います。

以上、少しでも参考になれば嬉しいです。

維持費を支払い続けられるかは超・重要項目です
キャンピングカー年間維持費【キャンピングカー】年間維持費を公開!(税金・車検・燃費・保険等)