キャンピングカーライフは、夫婦仲改善にも良いよ!

スポンサーリンク

キャンピングカーは家族全体の仲が良くなるだけではありません。

ゆうり
夫婦間の仲も良くなるんです♡

なんとなく<家族として>仲は良いけど、夫婦=男女としての仲ってどうですか?

 

 

時間が経って、男と女じゃなくなってきた

わたしの場合、子供が生まれてからは本当に必死。

ワンオペ育児という意味でのストレスはそんなに感じなかったものの、育児・家事を完璧にこなそうとする一方で夫の事を男として見る余裕がなくなっていきました。

関連:平日ワンオペ育児だけどインドア趣味のお陰で別に苦じゃないっていう、ただそれだけの話

 

子供のことは可愛がってくれるものの、<俺の事もかまってちゃん><何だかんだで嫁が家事育児しっかりやってくれる>というスタンスの夫。

そんな夫を相手にする気持ち・身体の余裕も徐々に失われていきました

 

夫=同志/夫=同居人

夫の事は尊敬もしているし好きだけれど、いつの間にか恋愛対象としての<好き>ではなくなっていき、気づけば<一緒に子供を育てる同志・同居人>という感情を抱くようになっていました。

 

夜はどうしていたの?

そんな感情で夫の相手をする気持ちにもなれず、更に出産時の痛みがいつまでも残っていたため(医師によると、傷は綺麗になっているため、痛みの記憶によるもの)いつもいつも「痛いからごめんなさい。」状態。

何度かトライしたけど、いざ入れようとすると【メリメリメリっ!】と裂けるような激しい痛みが…(すごく濡れてても痛くて痛くて)

 

どちらかと言えばこの激しい痛みこそが、その後長期間続く【レス】の大きな原因でした。

(痛みさえなければ、行為自体は出来ましたから…)

 

その期間・約8年。

8年間ずっと【ごめんなさい】し続けて、よく離婚されなかったなぁ…と思います。

<レス>って、婚姻関係を継続し難い事由に該当=離婚申請の正当な理由になりますからね。

 

ただ「男としてはしんどいだろうな…。」というのはよく分かっていたので、そういうお店に行ったりしてもいいよ、とは伝えていました。

なんなら浮気されても文句は言いません。って。(いくら痛みが強いから…と言っても、「外でどうぞ」と言われた夫は気持ち的にもしんどかったと思います)

 

→現在でも、浮気や商業的な場所への出入りはOKのままにしています。

それは、私の中で長年ぼんやりしていた【ある考え】に対する輪郭がハッキリしてきたからです。

その話はこちらの記事で:結婚っていう制度なんて、この世からなくなればいいのに。っていう、ただのお話。

 

キャンピングカー内の丁度良い距離感

キャンピングカーって、普通自動車の車内泊みたいに身動き取れないわけじゃないし、テント泊のように屈んだりシュラフ・荷物が足元に転がっているわけじゃくて心地良い。

ゆうり
家にいるリラックスした感覚で、でも広すぎないから丁度良く心地のいい距離感が出来上がるんです。

ただソファーでのんびり座ってるだけでも近い。

お手洗い(マルチルーム)に向かう時に通路ですれ違う時も、すごく密着しながらすれ違うんですよね。

密着してすれ違わないと、キッチンに置いてあるものに服の袖が引っかかって落としてしまったり、玄関の階段に落ちそうになっちゃたりするから必要な密着なんです。

 

リラックスして近くで触れることで、だんだん気持ちが戻ってきた

そんな心地良い距離感でリラックスしてキャンピングカー生活を送るうち、心の中に余裕も生まれてきたのか、少しずつ昔のように【男】として夫を見るようになっていきました。

ゆうり
自然にそういう気持ちになったよ

 

男としてみる。女として見られること。

<同志>としてしか夫を見ていなかった時も、オシャレでいること・スタイルを維持することは気にかけていましたが、それは単に自分がオシャレでいたいから・格好良く服を着こなしたいから。

夫の気を引こうとか、夫に喜んでもらいたいという気持ちは0%でした。

でもキャンピングカー生活で気持ちが変化する中で、だんだん自分を【女だ】と意識して「可愛く見られたい」「色っぽく見られたい」「肌を綺麗にしておきたい」などと考えるように変わっていきました。

 

なんでもない時の…

よろこび

わたしの心に変化が出てからは、何でもないときでも気持ちや時間に余裕があれば夫にくっつくようになりました。

ゆうり
8年我慢した夫はもちろん大喜び!

 

痛みはまだありますが、無理なこと・無理やりな事はしない優しい夫なので良かったです。

 

テントキャンパー時代はこんな余裕はなかった

テントキャンパーの何が大変って、

  • 大量の荷物を車に積んで(疲れる)→
  • キャンプ場で設営して(疲れる)→
  • 食事の用意・片付け(疲れる)→
  • 子供の寝付かせやトイレ付き添い(疲れる)→
  • テント撤収(疲れる)

と、疲れる三昧だったんです。

雨が降れば「撤収タイヘンだなぁ…」と思いながら寝て、カンカン照りなら汗だくになって設営や撤収。

 

落ち着ける時間ていうのが意外と少なかったんです。

キャンピングカーなら大概のものはキャンピングカーに載せておけるから荷物を積む面倒臭さもないし、設営撤収なんて気にしないで過ごせる

ゆうり
とにかくリラックス時間が比にならないほど増えたんです。

 

キャンピングカーは夫婦関係改善に良い

そんな流れから、キャンピングカー購入からまだそんなに月日が経っていないのに夫婦関係(夜の関係)が改善!

ゆうり
今ではまた夫と…

 

仲の良い両親を見ている子供も嬉しそう

わたしと夫が家でくっついていると、子供が楽しそうに笑いながら2人の間に突っ込んできます(笑)

そして「3人いっしょ♪」と、私と夫にくっついて幸せそうにしています。

 

ゆうり
今までも【人と人】として仲は良かったですが、くっつき具合に変化が現れました

 

<同居人化>している夫婦にはオススメです

ぜひキャンピングカーライフで夫婦仲もよくなって下さい♪

注意

これから購入する場合は、夫婦の意見をすり合わせたものを購入してお互いの気持ちを尊重しないと、逆に喧嘩に発展するので気を付けて下さいね。


↓その後の私の気持ちの変化↓

人気記事:腹筋を割る方法~ながら運動でアラフォー人妻腹筋美人~

スポンサーリンク