うちの資産 投資・資産形成

現在の年間配当額と、高配当株を売るタイミング

現在我が家は株式資産をeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に一本化させるために、個別株を段階的に売却している状況です。

保有中の個別株はこちらの記事をご覧ください。

NFJ-REIT以外の各銘柄、100~300株を保有しております。

400株以上保有している銘柄はございません。

現在の年間配当額は40万円以下。

高配当株を集めて将来の生活費にあてよう!

なんて考えていた時期があり、日本高配当株だけでなく米国高配当ETF(VYM、VPU)を買い漁っていた時期もございます。

私の周りでVPUを購入している方を見かけたことはありませんが、ヴァンガード社から出ている【米国公益事業セクターETF】です。

こういった高配当ETFも、利益がのっている状態で売却してしまいました。

(VYMもVPUも一般NISA枠で買い進めていました)

私は適当人間ですので絶対的な決まりは作っていないのですが、日本高配当株に関しては含み益や配当受取り総額が4年~10年分の配当金に相当するところまでいったら売っていることが多いです。

配当受取総額が上記期間分であったとしても、売却のタイミングで含み益の状態になっていなければ売りません。

含み益の状態で売るのはマストです。


理由はただ一つ。

含み損が嫌いだからです。

米国株に関しては、ヒャッハーって思うくらいの利が乗ったら売るという雑さで売り払いましたです。

そうして戻ってきたドルを円安の流れで円転致しました。

現在保有している日本高配当株は今日時点で全て含み益の状態になっており、一番良い銘柄で損益率+40.42%でございます。

一番悪いので+0.51(こちらはJ-REIT 20口)。

先日SRAホールディングスを売りましたが年内はもう売却しないので、年明けから徐々に売り進めていこうかなと考えております。

日本株に見切りをつけたといいますか、日本経済・日本円・日本企業に対する不安要素を感じながら投資をしたくはないため手放すというのが理由ではありますが、そこまで急がなくてもまだ大丈夫でしょうと感じているので1年ほどかけて売っていきたいです。

私はギャンブルが嫌いですので、「まだ値上がりするかも」と思って持ち続けることは一切いたしません。

多少利益が少なくなろうとも確実に勝てるところで勝ち逃げする人間なのです。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)への投資は毎日35,500円自動で積み立て継続されていますので、特に機会損失となっているわけでもないかなと感じております。

チキンメンタルかつ守りの投資なので、タイミング的な集中投資はせず毎日に分散させて投資をしています。

キングダムに出てくる李牧が言っていました。

小さい男だから勝てたのです。小心者だから、あれこれと小賢しい策を必死に練る。卑怯でもなんでもいい、こちらが傷つかぬためなら手段を選ばぬ。策の緻密さこそ、私の気の小ささの現れです。

引用:漫画『キングダム』より

私は逆にほぼ何も考えていない本能型人間ですので全く李牧ではありませんが、「小さい人間だから・小心者だから勝てた」というのはとても理解できます。

李牧を見習って、少しは考えて動く知略型人間になりたいです。

キングダムめちゃくちゃ楽しいですよね!

アニメも漫画も夫婦で何度も見ています。

キングダムではありませんが、孫子の兵法を夫婦で何度も読み返していた時期があります。

ランキングに参加しています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ダー子

2019年に株式投資をはじめた専業主婦。難しいことがなかなか理解できずいつまでも初心者タスケテ。家族3人が将来困らずに生きていくためにコツコツ資産形成中。指定難病のある小学生のママ、1982年生まれです。

-うちの資産, 投資・資産形成