災害時やキャンピングカー内で重宝の愛用ポータブル水洗トイレ記事

【我が家のお金教育】投資?浪費?消費?息子が未就学児時代から続けていること

子供のお金教育

 

こんにちは、ゆうりです。

みなさんはお子さんへのお金の教育、どうしていますか。

本記事では、我が家が続けている子供へのお金の教育内容をご紹介します。

日本では学校でお金の教育がされないため、資産形成については大人になってから自分で気がついて自分で学んでいる人がほとんどだと思います。

そうではない人はおおむね以下のような感覚を保ったまま老後を迎えるのかもしれません。

  • 投資は怖い、ギャンブルと同じだ
  • とりあえず銀行に預けておけば間違いない
  • 年金がもらえるしいざとなったら国がなんとかしてくれる
  • 貯蓄型の生命保険にはいっているから大丈夫
  • お金のことを口にするのは、はしたない

けれどこの先、この感覚で生きていくのはかなり厳しいと思います。

超借金大国の日本に救いを求めるのは限界がくるのではと感じています。

様々な制度が整っているのでお金の知識を持たず・学ばずでもなんとかなっていたこれまでと違い、いつ崩壊してもおかしくない日本の制度。

自治体や政府に「やってもらって当然」「助けてもらえるのが当たり前」という考えだと、いざという時にホームレス化する可能性が本当にあります。

 

これまでは【みんな同じくらいの生活水準】という中間層が多かった日本ですが、現在は貧富の差がだいぶひらいてきています。

ここで【貧】にならないようにするためには、知識を身に着けて行動を起こし時間をかけて対策をしていかないといけないと感じています。

やばい!と気付いた時に急いで対策してなんとかなるほど、世の中甘くない。

元ギャルだけど、ちゃんと考えて生きてるんだよ。派手なのは見た目だけなんだよ。

 

そこで我が家では、息子が小さい頃からお金の教育をしています。

息子は小学3年生。
発達テストでは知的障害ギリ・軽度発達障害あり。身体のほうに重い基礎疾患があります。

それでも親としては息子が「納税の義務を果たせる障害者」になって欲しいと思っていますし、将来自立させる事が親としての最大の義務だと思っています。

障害関係なく、子供を心身ともに自立させるのは親の義務ですよね。

 

難しい話はまだまだ理解が遅い息子なので細い事は教えていませんが、我が家で4年以上続けているお金の教育をご紹介します。

何か少しでも参考になれば嬉しいです。

 

わたし自身が受けたお金の教育

私の場合、個人投資家でもある母のお金教育のお陰で上記のような感覚は一切育まれることなく大人になりました。

特別に「教育」ということが行われたというよりは、日々のお金に対する姿勢や発言ですね。

 

【私が子供の頃から母がよく言っていたこと】

  • お金大好き
  • お金に好かれなさい
  • これからの時代、銀行に預けておくだけじゃ増えないから投資をしなさい
  • 年金だけでも生命維持のための最低限の生活は出来るけど、それだけ
  • 保険の営業には気をつけろ
  • 節税節税
  • 節約じゃない、倹約だ
  • お金の知識を身に着けろ
  • 塵も積もれば山となる
  • 1円でも大切にしろ
  • 手に職をつけろ(専門的なもの)

そして親の教育方針なのかは分かりませんが、そこそこ大きくなるまで我が家はとてつもない貧乏なんだと思って私は育ちました。

家は幽霊小屋みたいにボロボロで(社宅)、乗ってる車もボロボロ・着ている服は絶対にお下がりでした。

私の身内は開業医などが多く、家も車も高級な人たちばかり。

掃除好きじゃない母の功績もあり、とりあえず家には誰も呼びたくないし恥ずかしいしでした。

ボロいだけでなく汚いのもスゴく嫌で、少しでもキレイになるようにせっせと玄関をホウキで掃いていた小学生時代です。

 

このような母の教えに、自分なりの解釈や方法を追加して息子にお金教育していこうと考えて実行しています。

 

息子へ伝えていること(浪費であることの判断・複利の力のすごさ)

確か息子が4歳くらいの頃からはじめたのが、この複利の力・浪費かどうかの判断を教えること

目指しているのは次のこと。

  1. 浪費か消費か投資か判断出来るようになる
  2. 複利の力でお金は勝手に増えていく事に気がつく

当時は私自身投資家デビューはしていませんでした。(投資家デビューしたのは2019年)

ですが、投資家である母や兄の話を間近で聞いていた事が良かったのだと思います。

 

1.浪費か消費か投資かの判断が出来るように

  • 生活に必要な消費
  • 後にリターンが得られる投資
  • 単なる無駄遣いとなる浪費

ここの判断が出来れば無駄な支出が抑えられます

 

私がZOOM飲み嫌いなのはこれが理由。

目的意識やテーマがあるのであればOKですが、具体的な目的・内容もなくダラダラとネットを繋げてまで喋るのは、私にとって無駄な時間=浪費でしかないです。

早く飲みたいなっていう友達いるけど、やっぱさ、ちゃんと会いたいじゃん。人間としての温もり感じたいじゃん。

そういう意味で、私はテレビも目的なしに見ることはしません。時間と電気がもったいない。

 

我が家は息子に年1回・誕生日くらいにしかオモチャを買い与えません。

絶対ではないですが、それが基本スタンス。

「今あるもので工夫して遊んでごらん」と伝えています。

 

そんな中で、イオンやAmazonのおもちゃ売り場を見ると息子はもちろん欲しがります。

なので4歳くらいの頃に次のように伝えました。

  • トミカを買うのはOK
  • その代わり自分のお金(お年玉)で買いなさい
  • なぜならママはそのトミカが必要だと思っていないから、ママはお金を出さない

 

  • あなたがトミカが必要だと思うなら買いなさい
  • ただし、トミカを買えばこの500円はなくなる
  • トミカを買うのを我慢すればこの500円に加えて毎週10円ずつ増えていく
  • さあ、どうする?
どんな利回りだよ(笑)っていうツッコミはおいといて。その頃はファイナンシャルプランナーの勉強も投資もしてなかったし、利回り計算の仕方とかも全く知らなかったの。

息子は10秒ほど黙って考えたあと、こう言いました。

息子「このおかね、とっておく。」

私「トミカ買わないの?」
息子「かわない。」
私「我慢するの?」
息子「がまんする。」

 

 

 

どうですか皆さん!齢4歳にしてこの素晴らしき判断(泣)!!

 

2.複利のチカラに気付く

1週間で10円増えるよと言ったからには増やさなくちゃいけないので、毎週息子の貯金箱に10円チャリン。

とはいかないのが忘れんぼうな私。

ハっ(´゚д゚`)!!!と気づいた時に慌ててまとめてお金投入しています。

 

とはいっても、息子もお金の事やトミカを欲しがったことなど完全に忘れております。

この完全に忘れるというのも、私の投資スタイルに似ています

完全に忘れる訳ではありませんが、私は株式を長期保有して配当金で利益を得る手法。

つまりBuy&Hold(バイアンドホールド)です。

買って放置(忘れて)、気づいた時に確認して「あ、いつの間にか配当金入っとるわ」という状態。

Buy&Hold&Forget

今はコロナショックで株価の乱高下があるためこまめに保有株もチェックしていますが、基本は株式購入したら放置!気絶!その間に株や経済の勉強したり銘柄選定するって感じです。

 

そしてなんとなく気が向いた時に息子に声がけをしています。

  • ほら!◯◯くんがトミカ買わないでいたから、お金がこんなに増えてるよ!すごいねぇ!
  • あの時トミカ買ってたらお金なくなってたけど、今はトミカ何台買えるんだろうってくらいに増えてるね!

金の卵を産むニワトリをトミカ購入に使わなかった結果、、ニワトリから何個もの金の卵が産まれているのを息子自身の目で見ているというわけです。

現ナマで。

 

番外編:思わぬ複利

親にオモチャを買ってもらえず、自らも買わないことを判断した息子。

いくら【LEGOの世界は無限大!】とは言え、マスタービルダーのようなセンスもない息子はそのうち飽き始めます。

図工センスないのは私ゆずり。

他にも手作りオモチャなどもありますが、それにも飽きた結果息子が新たな遊びとして加えたのはこんなこと。

【プリントの裏紙に好きな字を書いたり、漢字の成り立ちをひたすら書き写す】
ものすごい漢字に強くなりました。習っていない漢字もバンバン書いたり読んだりしています。

漢字のテストは100点以外見た記憶がほぼない。

【計算ドリルをひたすらやりまくる】
ダイソーに売ってる計算系ドリルを同じものを繰り返し何冊もやりまくってます。
「まだやんの(笑)?もうやめれば?」ってこちらが声がけするくらいやる。

 

いつの間にか暗算が得意になっていて、2桁繰り下がり暗算は私より早くパッと答えられるように(悔しい)。

【地球儀見ながら国名と首都覚える】
小学校3年生で社会が始まったこともあり地球儀を買って一緒に国と首都名確認していたんですが、そのうち1人で探して覚えて教えてくれるように。

先日バチカン市国覚えてました。

まさかの勉強(笑)

オモチャを買わないという判断をした結果、得意な単元の勉強をひたすらやりまくる(=更に伸びる)という循環が出来上がりました

私も小さい頃、ことわざ辞典読んだり国語辞典見るのが好きだったのでなんとなく気持ちは分かります。

 

浪費であると判断した結果、お金は増えて知識と学力もアップ。

超・複利のチカラ!

 

おわりに:「的確に判断する能力」と「知識という力」を身につける家庭教育

ここでは「オモチャ=浪費である」と言いたいわけではありません。

自分にとって消費・浪費・投資であると的確に判断出来ているのか・出来るようになることがいかに大切なのかという事です。

この判断によって無駄な支出を抑えられます。

そうして守られた大切な資産を、複利のパワーで増やしていくという流れ。

このパワーを最大限に活かすためには経済・投資・税などを含めたお金の知識が必要になります。

それには教育・学びが必要で、残念ながら日本の学校教育には組み込まれていないカテゴリです。

 

どれだけ高学歴で高収入で高価なものを身に着けていても、資産家とは限りません。

学校で教えてもらえてないお金の知識は自ら身につけるか親が時間をかけて教育してきていなければ、資産形成が出来ていなかったり上手くいっていない場合も多いんです。

 

よく【お金のお悩み相談コーナー】みたいなので、こんな類の質問を見かけます。

結婚5年。夫婦共働きで年収1,000万以上あるのに貯金が200万円しかありません。どうしたら良いでしょうか。

お金の教育を受けてきていない・自ら学んでいないってこういう事なんです。

このご夫婦、25年ローンで良いマンションに住んでそこそこ高い車に乗っていて、パッと見は勝ち組・お金持ち。

けどもし会社が倒産して夫婦とも失業したら?

貯金200万円から生活費・マンションのローン・税金・年金&保険料…あっという間に破産ですよね。

 

 

コロナショックでの休校を受けて「学校のありがたみ」を感じた親御さんは多いとは思います。

家での教育フォローがいかに大切かという事に気付いた親御さんもいるのではないでしょうか。

 

もし学校が再開したとしてもお金の教育はそこにありません。

高学歴で良い企業に入れば良い人生を歩めるという考えは、完全に負の遺産です。死語。

高学歴のほうが入り口が広がったり選択肢が広がるという意味でレベルの高い大学へ行っておいたほうが良いんじゃないか?というなら分かります。

ただ、負の遺産的考えで「レベル高い大学へ行けばとりあえずOKだろう。」という考えを子供に植え付けると後々子供が苦労します。(そういうダメダメ苦労パターン・下手したら鬱発症した人を結構な数見てきています)

親の見栄を押し付けたり、「いつの時代だよ」という負の遺産的思考を子供に押し付けるのではなく、具体的にどうすれば子供がお金に苦労せず幸せになれるのか・自立していけるのかを考えていきたいですよね。

我が家も息子の成長に合わせて【お金の教育】内容をどんどん深めていってあげる予定です。

 

資産家・億万長者と呼ばれる人たちがどのような思考でどういった生活をしているのか、我が子にどのような事を伝えながら育てているのかという事が分かる名著です。

 

今後の教育の為の参考にと、こちらも読み進めている途中です。