【キャンピングカー】FFヒーターがあれば、エンジン切っても車内はポカポカ

FFヒーター

ゆうり
こんにちは、キャンピングカーオーナーのゆうりです☆

 

今日は、FFヒーター(エフエフヒーター)のご紹介。

FFヒーターってご存知ですか?

 

FFヒーターは、エンジンを止めていても動く暖房機器。

 

冬場に車中泊をするのに必須といっても過言ではない代物です。

 

特にキャンピングカーオーナーさん・これからオーナーになる予定の方には是非とも知っておいていただきたい装備。

 

今日はFFヒーターが具体的にどのようなものなのか、どうしてオススメなのかをお話していきたいと思います。

ゆうり
これからキャンピングカー購入を考えている方・既にオーナーだけどFFヒーター導入に悩んでいる方、是非読んでいって下さい

こんなあなたに読んで欲しい記事です

  • FFヒーター導入を悩んでいるかた
  • FFヒーターそのものを知らない車中泊組のかた
  • キャンピングカー購入を考えているかた

FFヒーター最大のメリット

FFヒーター最大のメリット。それは、エンジンを切っていても使用出来る点です。

 

一般的な温風ヒーターはエンジンをかけた状態でないと使用出来ません。

ゆうり
ところが、FFヒーターはエンジンを切っていても使用出来るんです☆(電源は車載バッテリーを使用)
  • 燃焼式ヒーター
  • 燃料はガソリン
  • 電源は車載バッテリー

FFヒーターはどこのメーカーが有名?

ドイツのベバスト社(Webasto)の製品が有名。

我が家のFFヒーター本体

この写真右側の黒い箱がWebasto製のFFヒーターになります。

FFヒーター

FFヒーターの値段はどのくらい?

うちの場合、工賃込みで25万弱でした。

キャンピングカー価格

自分でヒーターを付けられる場合は本体価格のみになるのでもう少し安くなりますが、出来ることならばプロに頼んだほうが安心です。

ゆうり
ガソリンタンクに繋げたり…と、危険かつ失敗できない作業になるので、素人は絶対にやらないほうがいいですよね。

FFヒーターって本当に暖かくなるの?

なります。

調整しないと、暖かいを通り越して暑い状態になるので要注意。暖かいシュラフや分厚い布団は不要です。

ゆうり
荷物が減って楽ちんです

まるまる1晩使ってガソリンはどのくらい減る?

車両ごとの燃費やどの程度に温度調整したかにもよると思うので参考程度にしていただきたいのですが、我が家のライトキャブコン(燃費激悪)でガソリンメモリ1つ分無くならないくらいでした(※)。

※夜8時頃~朝7時頃まで使った時

キャンピングカー燃費【キャンピングカー】キャンピングカーのガソリン代(燃費)

FFヒーターの日常的なケアは?

  • 電源ON時とOFF時に強さマックスにして5分ほど動かす
  • 夏場など使用しない時期でも1ヶ月に1度はマックス5分→強さ自由で1時間ほど動かす→消す前マックス5分
ゆうり
このケアをしないと、ススが溜まって故障や短寿命の原因になるそうです。

FFヒーターのスイッチ

1番下の丸いダイヤルがFFヒーターのスイッチです。

FFヒーター

キャンピングカーは冬場こそ大活躍

キャンピングカー、夏場は車内温度が上がります。

家庭用エアコンをつければエンジンを切っていても快適に使用できますが、それにはこんなデメリットも。

家庭用エアコンのデメリット

  • 室外機も搭載させる必要があるので、本体と合わせると重量が増える
  • サブバッテリーとインバーターを増量させる必要がある

我が家はライトキャブコン。

更に350wインバーター搭載の状態なので1,500wへ増量させなくてはなりません。

 

ここから家庭用エアコン搭載仕様にするのは、今の所メリットよりデメリットのほうが大きいです。

ゆうり
通常のキャブコンタイプの大きさであれば、1500wインバーターがデフォルト搭載であることも。
スペースにも余裕があるので、最初から家庭用エアコンを搭載させるもの手ですね。

 

ただし重量が増えるということは、それだけタイヤバーストの危険性が高くなる可能性があると心得ておくべきだと思います。

キャンピングカータイヤバースト【キャンピングカー】タイヤバーストを防ぐための管理の重要性。

冬場はFFヒーターで楽しみ、夏場はエアコン無しで高原や北海道など涼しい場所へ行って楽しむという方法もアリだと思います♡

おわりに

いかがでしたか?

 

今まで何度も記事中に書いてきていますが、ただ「楽しい」という思いだけでなく、【キャンピングカーは車両である】というポイントを常に頭に入れて安全に、そして責任を持ってキャンピングカーライフを楽しみましょうね。

キャンピングカーのエアサス【キャンピングカー】エアーサスペンションのメリット・デメリット キャンピングカーシートベルト【キャンピングカー】走行中シートベルト全席着用義務。と、東名事故