ファイナンシャルプランナー3級受験を決めた理由・勉強方法と合格と今後について

FP3級勉強方法

こんにちは、ゆうりです。

2020年1月26日にファイナンシャルプランナー(以下FP)3級試験を受けてきました。

FP協会HP上に発表された解答を見ながら自己採点した結果、合格。(実際の結果通知は3月)

本記事では、なぜFPの試験を受けようと思ったのか・どうすれば合格出来るのか・取得して意味があるのか・合格の後どうしていくのか等をお話ししていこうと思います。

FP試験を受けようかなと迷っているかたの参考には特にならないと思うんですけど、なったら嬉しいです。

 

ファイナンシャルプランナー試験に興味を持ったきっかけ

FP試験については、周りの人達が妙に受験していることや実兄が過去にファイナンシャルプランナーの上位資格(?)であるAFPというものを取得していたので存在は知っていました。

FP協会のリンク貼っておくので、気になるかたは自分で調べてください(^^)
AFP資格とは?

 

ただ私は、お金は大好きだけど経済の勉強には全く興味がないし税とかお金の細かな計算も苦手。というか嫌い。面倒くさい。家計簿もつけません(結婚後1年頑張ったけどやめた)。

我が家の純資産(ローン等の負債を引いた、純粋な資産)が右肩上がりで増えているのはお金の勉強の賜物でも何でもなく、主人の給料が順調に上がる中でも無駄遣いせず生活水準は昔のままを維持していたからです。

ママ友ランチもほぼしない。
ご飯作るの面倒だからという理由で外食もしないし、洋服の数も少ないし安いものでも気に入ったものは何年でも着ます。(ファッション・ヘアメイクやネイルは好きなので、適当な服でダサい格好でも良いと思っているわけではないです。)

本当に必要なのかどうかを考えて行動していたら気づいたら増えてました。

 

キャンピングカーや医療脱毛は高額出費ですが、必要だと思ったから買った。それでも純資産は増えていきました。(ローンは組んでいません)

日常的な細々とした浪費が抑えられているからだと思います。

 

資産も増えている・お金の勉強も好きじゃない・苦手意識強すぎる私が勉強しようと思った理由は、大きく分けて次の3つ。

  1. 主人の給料がアップし続けてめっちゃ損するようになった
  2. 私自身が在宅で収入を得るようになった
  3. 投資をはじめた

 

1.主人の給料がアップし続けて大損するようになった

給料が増えるのはありがたいけれど、収入が増えれば増えるほど持っていかれる税金は高くなります。

「あーあ、こんなにも取られるのかぁ…」とかではないんです。悔しい!キィィ!を通り越してます

収入が増えると、自治体からの様々な手当も打ち切られます。

 

ちょっと話がそれますが、私は2010年に結婚したので約10年間主人と一緒にいます。(付き合ってた期間は半年程と短い、スピード婚です)

年収400万円台でFランク大学卒の主人が今の給料になるまで、どれだけ勉強をして睡眠時間を削って努力してきたのかをずっと見ています。

実力の前に最終学歴という部分で大きなハンデを持ったスタート・差別の中、尋常じゃないレベルの努力をしてきました。

主人の精神力・体力・才能がなかったら、絶対にここまで来ることは出来ていなかった。心から尊敬しています。家の電気交換は出来ないし脱いだ靴は揃えないしヤバそうなオナラするけど。

 

賛否両論あるのは分かりますが、はっきり言います。

私は収入による税率や手当の差があるのには反対です。

本当の弱者(母子家庭・父子家庭・病気で働けない人など)のためにお金を使うのは大・大・大賛成!だから、毎月継続寄付もしています。

 

ただ、努力もしないで適当に過ごしている事が原因で収入が少ない人に税金が多く流れていくのは反対です。

その人達の生活を支えるために主人は努力してきたわけじゃない。

 

主人だけじゃないです。私の周りにいる高収入の人たちの努力量は半端じゃないです。

その収入じゃ少なすぎると思うほど、みんな相当頑張って結果(利益)を出しています。適当にやってる人のほうが美味しい思いするとか、マジ不公平すぎる。

 

(話を元に戻します)けど、そんな事をいっても稼げば稼ぐほどもっていかれる現実が変わるわけじゃない。

だから少しでも知識を身につけて少しでも損をしないように、知識さえあれば出ていかずに済むかもしれない我が家の大切なお金を守ろうと思いました。

 

2.私自身が在宅で収入を得るようになった

私は2018年の夏前にこのブログをはじめ、その後アフィリエイトサイトを作りました。

最初の頃は月0円というのがずっと続き、もう永遠に0円なんじゃないかと思うほど0円が続きました。

全然うまくいかなくて、子供のお世話で睡眠時間ほとんどない中でストレスすごくて吐き気半端ない中でも試行錯誤して続けていく中で少しずつ収入を得られるように。

 

アフィリエイトというのは会社員と違って毎月の収入も労働時間も違うので一概には言えませんが、時給4~5万円稼ぐ事もあります。アフィリエイターとしては少ないほうかもしれませんが、ないよりは良いです。

(月0円という時期が最低でも半年は続いていた記憶があるので、その時期の作業時間も合わせると、下手したらマイナスかも笑)

 

それまで完全無収入の専業主婦だった人間が収入を得るようになったとき、税の知識を早めにもっておくべきだと思いました。

収入源であるサイトを拡大させたり質を高めるよりも前にやるべき最優先事項だと判断しました。

 

役所では個々人に合わせた有益な情報(手当・福祉等)をわざわざ教えてはくれません。

自分で調べて「この制度使いたいんですが」と伝えてようやく申し込みが出来ます。

 

税も同じです。

税務署からわざわざ連絡くれて「こうしたほうがお得ですよ」なんて教えてくれません

 

自分の身(お金)は自分で守るしかないんです。

そのためには知識が必要。

守りたいなら、苦手とか嫌いとか言ってられない。

 

けど、どんなに稼ぐようになっても私は「主婦だ!」って言い続けたい。(誰のマネしてるか分かった人は少し気が合うと思う。)

 

3.投資をはじめた

祖父・実母・実兄が投資家であること・周囲で投資している人が多かったこともあり2018年から「投資をはじめてみようかな」と思っていました。

ただ、投資に関する書籍を読んだり勉強に充てる時間的余裕は一切なく結局開始したのは1年後の2019年夏。

 

インデックス投資にはじまり、現在は国内個別株・米国個別株・海外ETFも購入しています。

以前から主人の会社で利用していた企業型確定拠出年金(DC)の内訳も変えました。

 

基本的には【長期保有】と考えて優良株を探していますが、現在全体的に株高なのでチャートを見ながら短期でトレードしてチマチマと売買を繰り返すこともしています。

始めたばかりだし毎日パソコンに張り付いているわけではないのでそんなに利益はないですが、平均で月3万ほどは収入になっています。(含み益は所詮幻の金だと思っているので、利益には入れていません。あと、クロス取引は嫌いなのでやったことないです。)

 

投資をする場合もやはり経済・税の知識が必要になってきます。

別に知識がなくても売買は出来ますが、もっていたほうが良い。

 

私はSBI証券で取引してます。

わざわざ『FP試験を受けること』にした理由

別にファイナンシャルプランナーの試験を受けずともお金・税・経済に関する知識は得ることは出来ます。

世の中にはそのポイントごとに特化した良書が沢山あるし、ネット上にも良い情報が沢山落ちています。
それらを読み込めば良いだけです。

けど私は試験を受けることを選びました。

勉強のモチベーションを持続させる為です。苦手・嫌いな分野だからこそ、逃げ道を塞ぐ。
受験料6,000円も支払ったのに勉強しないとかありえないでしょ。もったいなさすぎる。

という、名古屋のドケチ根性でモチベーション維持。お金守るためにお金使うとか謎だけど、もと取ればオッケーでしょ。

「これやらんかったら人生終わる」くらいに思っとけば大体のことはクリア出来るって思って生きてます。

 

苦手分野の勉強から逃げ出さない環境を自分で作り出す手っ取り早い手段が受験だっただけです。目的は合格ではなく、知ること。

資金計画方法・リスク管理・金融資産運用・税・不動産・相続贈与

これら広範囲にわたる知識を一気に学べるのがファイナンシャルプランナーの試験勉強でした。

 

どういう考え方をしていくのか、どのような制度が存在するのか、どういう計算で算出されるのか。

FP3級はあくまで表面的な部分を学ぶだけですが、別にそれで良いんです。細かく深い部分は実際に必要になったときに調べればいい。

制度等の存在を知る事が私には必要でした。そうでないと、必要な時に使える制度があることにすら気付かず深いアプローチも出来ない。

そのくらい、何も知らなかったんです。

 

最初の頃は、教本を読んでは「は(笑)?」

問題文を読んでは「何いってんの?(聞かれてる内容そのものが分からない・呪文)」

 

壊滅状態でした。
経済とか不動産とか本当に嫌いなんです。料理嫌いなのと同じくらい本当はやりたくない。誰かやってよ。

 

特に不動産の項目は大嫌いでした。【問:診療所は工業地域に建てても良いか】とか、私の人生にマジ関係なさすぎるし本当どーでもいい(笑)とか思いながら暗記して解いてました。

 

FP3級の勉強方法とおすすめ教本・サイト

『教本』と『問題集』と『FP3級過去問道場(無料サイト)』だけでOKです。

使用した教本&問題集と、使用後メルカリで売れた値段

私は紙ベースでの問題を解くのが好き(デジタルだと流し読みしてしまって頭にはいってこない)人間なので、FPの勉強になれるまでこの問題集に本当に助けられました。

 

『みんなが欲しかった』シリーズは使っている人も多く、試験会場でも持ってる人率高かったです。

実際、読みやすいです。

 

教本や問題集に色々書き込みをしてボロボロにするタイプの人がいますが、私はなるべくキレイに使いたい。

ボロボロにすることで「私やってる感・オレ超頑張ってるぜ感」が出て自己満足度はあがりますが、別に書き込みと結果がイコールとは思いません。コメントつけたいなら付箋でもいいわけで。

 

そんなこんなで、問題集は10周くらいやりましたが最後まで超~キレイに丁寧に取り扱いました。

その後メルカリで出品し、教本・問題集あわせて3,000円以上の高値で売れました(購入価格は合わせて3,500円くらい)。

 

無料で使える!FP3級ドットコムの過去問道場

問題集でFPの問題に慣れてからは、FP3級ドットコム(クリックでサイトに飛びます。アフィリエイトじゃないから安心して。)という無料サイト内にある過去問道場の過去問を永遠と解き続けました。暗記力も若い頃より落ちてるだろうと思ったので3000問くらいやりました。

 

過去問はFP協会の公式HP上にも掲載されていて無料で閲覧出来ますが、解答部分に解説がないんです。

FP3級ドットコムのほうは解説があるので、どうして間違えたのかちゃんと分かります。

あと、ユーザー登録すると(これも無料)色んな機能が使えるようになります。

無料で使える機能、たとえば

  • 問題を途中から再開出来る
  • 自分の成績を項目ごとにグラフで確認出来る
  • 1問ごとの達成度を確認出来る
  • 間違えた問題だけを復習出来る
  • チェックをつけた問題だけ出来る

 

問題を出題したり進捗状況管理してくれるような有料アプリは使ったほうがいい?

不要。ほんと不要。心底不要。

3級であればお金を払うのがホントもったいない。そのお金で美味しいケーキでも買ったほうがいいよ。

教本と問題集(欲しければ)、FP3級過去問道場だけで余裕で受かります。問題集に掲載されている問題は過去問からのものなので、私のように「紙ベースが好み」とかいうこだわりがないないのであれば別に買わなくても良いです。

 

MEMO
過去問道場は学科問題だけでなく実技問題&答えの解説もちゃんと掲載されています。

FP3級合格のための勉強時間と、合格基準

人それぞれ基礎知識や集中して勉強に割ける時間数が違うので何とも言えませんが…

『全く知識がない状態かつ苦手意識が強い・1日4時間ほど集中できる性格&環境・とりあえず合格基準超えが出来れば良い』というのであれば3週間あれば受かると思います。

合格基準は6割以上の正答率(の、はず)。

学科は60問60点満点なので36問以上の正解、実技は20問100点満点なので12問以上の正解で合格(のはず)。

↑6割にする計算間違ってないよね?0.6掛けたの。(算数マジ不得意なんだわ)

 

私が勉強を始めた時期は3~4ヶ月ほど前

3週間で受かるだろうと言っておきながら私が勉強開始したのは3~4ヶ月ほど前だったと思います。

それはもちろん、条件が違うからです。

私の場合は以下。

  1. 目的は受かることではなく、知ること・理解すること(受かるのは当然)
  2. 子供が重い基礎疾患持ちなので体調を崩しやすい
  3. 子供の疾患に伴って行動・持ち時間が制限される
  4. 家事育児の他にボランティアや親からの仕事依頼もある
  5. 投資の勉強をしながら短期トレードしている
  6. 筋トレ時間を捻出したい
  7. 自分の体調を崩す可能性
  8. 睡眠時間は削りたくない

 

自分の状況・起こりうる可能性を考えて、かなり多めにバッファを取りました。

 

実際、2019年11月からは子供の基礎疾患に関連するトラブルが色々とあらわれ、その心配から私が疲れ始め、追い打ちをかけるように主人のお金の散財が発覚しストレスMAXになった結果、12月半ば頃からは私の体調不良が続いているのでバッファとった事は大正解だったと思っています。

大学受験の時やその他受けてきた試験でも共通するのですが、試験会場にまで問題集や教本を持っていくのが大嫌いなんです。

ギリギリという状況に超ストレスを感じる性格なので、面倒な事は早めに終わらせるようにしています。

 

ただ、早めに終わらせ過ぎて問題が発生しました。

早めに勉強を始めた結果、問題発生

飽きました。

ちょっとバッファ取りすぎたらしく、2019年12月にはもう勉強に飽きていました。

初めは「は?」からはじまったFPの勉強もスムーズに進むようになってきて、スラスラ頭に入るようになり過去問正答率も95%超すようになっていました。

ここまで来ると私の悪い癖がはじまります。

大体分かった。もういい。飽きた。

 

大抵いつもコレが起こります。

どんなものでもある程度の所までいくと、「なるほどね、このくらい頑張れば出来るって事は分かったからもう興味ない」ってなってしまうんです。サ~っと冷める。(この感覚わかる人いる?)

その先を極めようとか全然思わないし、別のものに興味が移ってしまう。

 

FP3級の勉強でも試験前1ヶ月以上前にそれが発生し、あまり勉強しなくなりました。

 

試験前はアニメ・ネイル・美容クリニック三昧

短期的に記憶した知識は復習しないとスグに抜けるしアウトプット出来る仕事についている訳ではないので、少しだけ過去問道場を復活させていましたが、もう完全に飽きているので心ここにあらず。

鋼の錬金術師のアニメ全話見ながらネイル塗ってその間に過去問やったり、キングダムのアニメ見ながらメイク研究してその合間(合間とも言えない合間)に過去問やったり。

Nail1 Nail2
(はみ出し処理前画像だけど、ネイル超可愛くない??)

前日は普通に湘南美容クリニック行って顔の肝斑レーザー治療したりしてました。


(肝斑用のレーザー機器)

ピル飲み始めてから肝斑めっちゃ増えたの。

 

試験直前、受験拒絶反応

私、とんでもなく面倒くさがり屋なので出かけるのも面倒くさい。

友達や恋人との約束でも、だいたい前日あたりから面倒くさくなりはじめて「熱出ないかな」と本気で思う事の多い人間です。玄関を出てしまえば「会うの超楽しみヽ(=´▽`=)ノ!」ってなるんですけど。

 

予想どおり、試験も面倒くさくなりました。

「1万円払うから、試験官うちに派遣してくんないかな…。マジだるい。マジだるい。」って本気でボヤいてました。

 

行くのを嫌がる私に対し、妹が「そこは頑張ろうぜ、姉」ってLINEで励ましてくれて、なんとか「しゃーない…行くか…」という気持ちを維持。

試験会場まで2回も乗り換えて電車で行かなくてはならない(乗車時間は1時間)・問題数に対してお昼挟んで1日がかりという長すぎる試験時間が超ストレスでした。

見直し時間入れても、学科と実技合わせて1時間半もあれば十分。
3級はそういうレベルです。

家から徒歩7分の駅に行くのでさえ面倒くさい私なのに。

 

主人は「近場でホテルとって前泊しなよ」「車で送っていこうか?」と言ってくれましたが、当日頑張って自宅から行きました。電車で。

 

試験当日、会場にてトラブル発生

試験日はかなり早めに家を出て会場へ向かいました。

会場はとある大学キャンパスだったんですが、方向オンチなのに乗ったこともない路線だったし電車が止まる等のトラブルがあると嫌だしギリギリ嫌い人間なので、試験開始1時間半前には会場に着いていました。

で、お手洗い行ったりベンチ座ってコーヒ飲みながら「試験教室がある階に何時ころに行こうかな~」と腕時計チラ見したら、8時前で止まってた。電池切れ起こしてました(笑)

家出て30分ほどで止まった計算(笑)

 

「ちょっとwww」って言ってしまいそうだった。
1人だったので、笑い堪えるの必死でした。マスクしてて良かった。

誰かと一緒だったら、お腹抱えて笑ってた(笑)

 

教室に壁掛け時計あるだろうと期待していましたが、見事にありませんでした。

 

時間感覚よくないほうなのでちょっと心配になりましたが、実技は試験開始10分後に回ってくる本人確認のタイミングで全て解き終わってたので安心しました。(学科より実技のほうが簡単だったよ)

 

試験会場ではひたすらキングダム観てた

既述の通り試験会場でギリギリまで勉強するとか好きじゃないので、予めAmazonプライムビデオでダウンロードしたキングダム観ていました。

試験前・お昼休憩中ひたすらキングダム。

高校時代は世界史専攻・しかも古代史は大好物で、歴史学やりたいから大学進学したほどなので古代中国史も好き!

呂不韋キターーーーーー!みたいな。

 

ちゃんとイヤホンしていたので、周りの邪魔はしてないです。

なんなら、知らん男の人が後方から覗き見しとった。暇つぶしに一役買えたみたい。

 

だって、午前の学科試験は開始1時間で退室OKなの。それが11時。

んで、午後の実技試験13時半まで暇なんだよ。2時間半も。勘弁してほしいよ。

 

満点狙いでいったものの、自己採点の結果9割の正答率

やはり1ヶ月前からやる気がなくなっていたのはデカかったです。

覚えたと思っていた問題、全く見たことないなんじゃこりゃ問題、日本語がちゃんと読めていなくて間違えた問題とケアレスミス。

結局9割しか取れていなかったです。学科で結構落とした。

 

最後にやった学科・実技の過去問数回分で全問正解していたので「満点狙えるかなー」なんて思っていましたが、甘かったです。詰めも考えも甘かったです。

教本問題集を売り払ったのは試験日の結構前なので詰めようともしていませんでしたけど…。

 

FP3級なら誰でも受かる

相当雑な勉強しなければFP3級は受かります。

ノー勉だったら絶対に受からないですよ。そこまで簡単じゃない。

けど、ある程度真面目に勉強すれば受かります。私でさえ受かったんだから。

 

嫌いとか苦手とかセンスとか関係ない。やるかやらないかです。

やれば受かる、そういうタイプの試験です。

 

1月26日の学科試験(午前)終了後、私の後ろを歩いていた大学生っぽい男の子が『勉強したとこは出来たけど、しなかったとこは出来なかったわー(笑)』ってお友達と話してましたけど、『でしょうね(笑)』と心の中で答えておきました。

 

FP3級の勉強に飽きていた時、学科だけですが2級の問題も少し解いてみました。

2級も嫌いとか苦手とかセンスとか関係ない、やれば受かるタイプの試験です(実技は見てないので知りません)。

 

もし2級の合格も狙っているのであれば、自信をもって臨んでいいと思います。3級の内容を更に細かく深く掘り下げた感じですけど、3級の勉強を理解しながら進めていた人はスっと入ってくるんじゃないでしょうか。

何も考えずにパターン的に3級の勉強をしていた人はちょっと苦労するかも。そんな雰囲気の問題でした。

とりあえずセンスも苦手も関係ない。受かりたいなら、やれ。

 

FP3級の勉強を通してわかったこと→やっぱりこの類の勉強は興味が薄いし好きじゃない

理解していって知識も増えてバンバン正解出せるようになったゲーム的な面白さはあったけれど、嫌い→好きには変化しませんでした。興味が強くなることもなかった。

早く解放されたかった。特に不動産(でも正答率は一番高かったかも)。

マジ不動産嫌い。私が建ぺい率計算する必要性なんてどこにもないよ。プロに任せる。リアルでも不動産とか全く興味ないし。

 

今までの人生で「歴史なんて学んで何が楽しいの?」ってウザいくらい聞かれたけど、「不動産の何が楽しいの?」ってマジで思う(笑)

 

私は20代半ば、シスコ・システムズというアメリカのIT会社が実施しているネットワークエンジニアの技能認定資格を取りました。

CCNAそして、その上位資格CCNPというものです。

 

難易度はそれぞれFP3級・2級と同じくらいなんじゃないかな。知らないけど。

今回のFP3級と同じく教本と問題集(黒本と言います)を本屋さんで購入し、会社退社後の数時間と休日を全て勉強にあててそれぞれ1ヶ月くらいで取得しました。

 

この資格勉強も、最初は訳がわかりませんでした。

そのときは単なる企業翻訳だか一般事務の仕事をしていたから基礎知識はほぼない。

ただFP3級と違うのは、内容への興味がめちゃくちゃあったし勉強が凄まじく楽しかった

未経験だし超文系だけどネットワーク(NW)エンジニアになりたい・そのための転職を有利に進めるために何としてでも資格が欲しいという想いもありました。

楽しいという気持ちは、勉強が進んで問題をスムーズに解けるようになっても続きました。

 

FPの勉強は、残念ながらそれがなかったです。

 

漢字一文字で表すとすれば、『苦』。

二文字で表すのであれば『解放』。

 

今後FP2級は受けるのか・FP3級を取ったことに意味があるのか

2級、受けるわけない(笑)

好きでもない・興味も薄れた・将来仕事にしたい訳でもない(むしろ最も避けたい職)・お金がもらえるわけでもない。

もはや受ける理由も必要性もないので受けません。時間もお金ももったいない。

 

2級受かれば誰かしら「すごいねー!頑張ったねー!」とか言ってくれて嬉しいかもしんないけど、別に承認欲求満たすために取っても意味ないし、幼稚園児や小学生じゃあるまいしそんな事で承認欲求満たしても虚しいだけだしね。もう37歳のオバサンですよ。

 

けど、もはや趣味の領域だったり将来何かしら役立てたい・キャリアアップや独立に向けて必要な人とかはどんどん頑張って欲しい!ほんと頑張れ!

 

FP3級を通して経済や数字やお金の勉強に対する苦手意識を克服出来たかと聞かれれば克服とまでは行っていないです。『苦』って言ったばっか。

ただ、『苦手だし数字弱いから私にはムリー』とか言わずに立ち向かって途中で逃げ出すことなくやり遂げることは出来たし、勉強すれば理解出来ることが分かりました。理解までめっちゃ時間かかりますけれども(笑)

 

そして何より、今まで全く知らなかった・知ろうと努力もしなかった役に立つ知識を得る事が出来ました。

今後の人生でそれぞれの問題に直面したとき、ポイントごとに調べ直して自分・家族にとって有利になる方法を選択していく為の土台が出来た気がします。

 

そういう意味でFP3級受験という手段を利用した意味は大いにありました。

もし私が何の目的もなく「とりあえず受かればいい」という姿勢で勉強に臨んでいたなら、受験の意味は全くなく、時間とお金の無駄だったと思います。

 

FP3級持っていると社会で何か役に立つ?という意味では、別に役立たないと思います。

履歴書に書くにしても2級からだし。2級持ってる人なんてゴロゴロおるから3級はね…英検4級を履歴書に書いちゃってるレベルだと思う。。(あ、でもCCNAは堂々と履歴書に書ける資格だ)

 

それでも、やる前から「ムリかもぉ…どうしよう…興味はあるけど…落ちたらどうしよう…あぁー…苦手だしぃ。」とか永遠に呟き続けて進まない人よりずっとスゴいと思う。結果がどうであれチャレンジして努力したことが素晴らしい。ムリムリ星人とは雲泥の差。

特に役立たんけど。(自分の家庭内で役立てていこっ!)

 

けど、高校生の受験生結構いたなぁ。すごい田舎のピュアっぽい子たち。3級取ったあと2級取るのかな…高校卒業してからの就職用かな。

内申書の為だけに英検受けたり生徒会やってた中学時代の姑息な私とは比較にならない程のピュアガール&ボーイ達だった。

あの子たち受かってるといいなぁ。

 

2020年(今年)の目標

今年の目標(興味)は、こちら。

もはやファイナンシャルのファの字もありません。

なんなら日ペン美子(みこ)ちゃんがトップ。

  1. 日ペン美子ちゃんで超絶キレイな字になる!絶対になる!
  2. トレーニング超やる
  3. 美容超やる
  4. たまってる本読む
  5. サイトの仕事に戻る
  6. 株のトレード
  7. あそぶ

 

1.壊滅的に汚い字は小学生時代からのコンプレックス

私の字、めちゃくちゃ汚いんです。

どのくらい汚いかっていうと、このくらい(さっき書いた)。
日ペン美子ちゃん
(字がバランス学だってのは分かるんだけど、バランス取れなくて恥ずかしい)

小学校の頃に毛筆で3段までとったんですが、別に上手くもないし何か入賞したこともない。

多分、お金さえ払えば昇級出来る教室だったんです。そうじゃないとおかしい。ってくらい汚い。

硬筆は7級のB。7級から一切動かなかったよどゆこと。

 

あと、Bってなに。私のバストサイズか?バカにしてんのか?

 

社会人になってから有名な書家の先生のペン字教室へ行ったこともありますが、1回行っただけで通うのダルくなって断念。もうお金支払い済みだったのに行かなかった。出かけるのだるくて。

『なぞって美文字』みたいな本も本屋さんやネットで買ったけど、ダルくなって放置。

 

日ペン美子ちゃんて、添削付き6ヶ月コースで3万もするんですよ。3!万!も!

字、なぞるだけなのに!(なぞるだけじゃなかったらゴメン。あんま調べてないんだ。でもやる。)

 

てことで、3万という大金を無駄にしない・自分を追い込んで日ペンみこちゃん頑張る。

美子ちゃんとなら頑張れる。もと取る。3万円以上のものを身に付けてやる。

 

普通に字がキレイとかじゃなく、とんでもなくキレイな字の人ってそれだけで素敵すぎじゃない?

うちの主人、人相悪くてチャラそうなのに毛筆師範代もってるんだよ。1年ほど前に100均で墨・筆・半紙買って私の名前書いて貰ったら、ガチうまかった。超尊敬して一瞬だけ惚れた。

つまり、字の綺麗さって意外と重要。

カラオケ上手いのが重要なくらい重要。

 

今年は字のコンプレックス克服する。

 

2.トレーニングは1日最低1時間・美容超やる

自宅トレーニングは2年ほど続けてますが、普通に頑張ってただけ。

超頑張っていたわけじゃなくてなんとなく頑張ってただけ。元々すごいデブな訳じゃないし、本気度が足りなかったのかな。

 

今年は1日最低1時間トレーニングにあてるのが目標です。

今までのような筋トレだけでなく、ストレッチ・筋膜リリース・矯正・有酸素・オイルマッサージをしっかり取り入れたメニューで合計1時間。

筋膜リリースローラー
(筋膜リリース用に買ったローラー。これね、超きもちいいしやるとやらないとじゃ全然違うのよ最高)

筋膜リリースだけで毎日20分前後時間使ってる。アニメ見ながらやってる。サイコロステーキ先輩見ながらやってる。

 

美容もかなり雑だったんですが、ちゃんとスチームやマッサージしたり時間をかけていこうと思います。

 

4.5.6.はそのまま

FPの勉強もなくなりツイッターもやめて時間を作り出す事が出来たので、隙間時間でどんどんこなしていきたいです。

このブログのキャンピングカー記事も新規投稿していきます。

写真だけ溜まってるの。

 

7.あそぶ

遊ぶと言っても、そもそも面倒くさがり屋だし家族全員で過ごす時間も大事にしたいので月1回~2ヶ月に1回くらいは外へ出て誰かと会おうって感じです。

会おうねって言ってる友達、10人くらいおるのに具体的な計画たててない。自分から連絡するのめんどくさくて。

ちょっと良いお店でのディナーしたり(主人と子供は留守番)、主人に平日有給取ってもらって数日旅行いったり(主人と子供は留守番)、連絡くれる人とはそんな予定がちらほら入っています。

今年は10人の友だち全員に会うことが目標。気合い入れてがんばろ。

 

相変わらず何でも自由にやらせてくれる主人に感謝です。(主人にも1週間キャンピングカーひとり旅とか行ってもらったりしてますよ)

 

まとめ:FP3級取得に対する私の見解

FP3級に関して私が思うことは以下。

  1. 家庭に役立つ幅広い知識を得たいビギナーには3級の勉強はもってこい
  2. 目的もなく「ギリギリでも受かればいい」的な勉強方法は無意味。(単に持っておく・履歴書に載せたいなら2級以上も取るべき。)

こんな感じです。

 

「FPなんて取得しても無駄」ってガヤガヤいう人がいますけど、無駄にしてしまうかどうかは自分次第

そいういう声を耳にすることで心がザワついたり悲しくなって自信なくしてしまうくらい心が弱いならその場から去ったほうが良いし、わざわざ「受ける」とか人に言うべきじゃない。

 

結局は自分との闘いなんだから、誰かからの励ましや応援なんて期待せずに自分の内側で頑張っていればいい。皆がみんな純粋に応援してくれるとは限らないからね。

わざと嫌な事をいってあなたを引きずり下ろそうとする輩は少なからずいるよ。

 

それでは、今年も宜しくお願いします(^^)