身を挺して【ギャル】のマイナスイメージを覆そうと思う

ギャル
スポンサーリンク

今日は【ギャル】について語ります。

 

なぜかというと、世間には【ギャル=バカでどうしようもない】と思っている人が多いから。

 

元ギャルとして、その偏見をなんとしてでも覆したいと思ってこの記事を書くことを決めました。

 

ちょっと真面目な記事です。

 

ご期待の【エロ】がちょっぴり出てきます。

それではいきます。

 

私のギャル時代

今から20年ほど前、地元の高校へ通っていた私はいわゆるギャルでした。

当時渋谷系ギャルは【コギャル】と呼ばれていて、おそらく渋谷系ギャルの全盛期だったと思います。

 

egg(エッグ)やpopteen(ポップティーン)といったギャル雑誌が大人気。

宮下美恵ちゃん、中平あきちゃん、青木のあちゃん・・・多くの人気読者モデルを排出していました。

 

私も彼女たちのように肌を黒くし髪を染め、バッチリ化粧をしていました。

家族からはヤマンバと呼ばれていましたが、私はヤマンバ寸前だったと自負しています。ゆるやまんば。

 

ピアスもいくつもあけていたし、制服のスカート丈とルーズソックス丈のバランスをとっても大切にする子。

ヘアスタイルが気に入らないとかメイクが気に入らないという理由だけで遅刻をし、5時間目(一番最後の授業)にだけ出席するという事も珍しくありませんでした。

 

ギャル=勉強が出来ない?

これは絶対にないと強く言いたい。

 

なぜなら私が通っていた高校は、当時偏差値64。

めちゃくちゃ偏差値が高いわけではありませんが、一応進学校でした。

 

もちろん裏口なんか使わずに、素直な学力推薦で入りました。

 

実は私がヘアカラーや化粧を自由に出来ていた理由はここにあります。

 

他の自治体がどうかは知りませんが、私の地元では【学力がある程度高い公立高校=自由な校風】が非常に多かったんです。

つまり、【学生としてやるべきこと(学業)をやっていれば、見た目に関してはとやかく言わない】という事ですね。

 

私は「高校に入ったら一切勉強しない」と決めて入学し律儀に守っていたので、学生としてやるべきことは一切やっていませんでしたけど。

先生たち、たぶん許してくれてた。

 

 

その後大学受験することを決めたのが高校3年生になる直前。

それまではほぼ全教科赤点を取るような私でしたが、これは勉強が出来ないのではなくやらなかっただけです。(それに他の生徒がみんな勉強してるから、勉強してない人間はすぐ赤点になるんです)

 

その証拠に、8教科ほどあった赤点を全て突破しないと留年という追い詰められた状況で試験を全パスしました。

受験に向けて勉強を始めてからはクラス順位も一気にあがり、「ゆうりさんがいるから大丈夫。」とタカをくくっていたクラスメイト達を焦らせることに成功しました。

更に、歴史の先生からは「はじめからこの点数であって欲しかった…」とマジメな顔でため息をつかれました。

 

いいですか?勉強が出来ないんじゃなくて、やらなかっただけですから。

ビリギャルだってそうでしょ?

 

【結論】

ギャルは秀才

 

ギャル=バカじゃない

「ギャルってどうせバカなんでしょ?」

そんな声をよく聞きますが、わたしはそもそも【勉強が出来ない】イコール【バカ】とは思っていません。

 

学校の勉強が出来る人間であっても【バカ】というのは、存在すると考えています。

私の中での【バカ】は、一部分ですがこのような感じ。

  • 自分の頭で考えようとしない
  • 分からないものを理解するための努力をしない
  • 物事をスムーズに進めるための工夫をしようとしない
  • 言われたことしかやろうとしない

 

ギャルは自分の意見をしっかり持っている子が非常に多いです。

そしてその意見を臆すること無く伝え、相手の話も聞きます。

真っ直ぐすぎて時に喧嘩になるけれど、そうしてぶつかり合いながら「じゃあどうしたら良いのか」という事を彼女たちなりに一生懸命考えます。

 

それは自分の頭で考えている証拠。

そういう行動をとれる子たちを【バカ】だとは思いません。

 

【結論】

ギャルはデキる女

 

ギャル=礼儀知らずじゃない

これは本当に一部切り取られた所だけを見て判断されている感じがします。

 

例えばTVインタビューなどに映っている時はタメ口だったりしますけど、映っていない所で1対1で大人と話す時などはしっかり敬語を話せる子が本当に多いです。

 

私も言葉遣いには気をつけていました。いわゆる男言葉のような汚い言葉はつかいません。

妹が大学生の頃、友達と「てめえ何だよwwww」と笑って話しているのを聞いた時も、「その言葉遣い、やめなさい。」と注意したほど汚い言葉使いは好きじゃないです。

 

使っていて不快・相手にも不快な思いをさせる。それに、「親の育て方が悪いんだろうな」と言われるのも嫌だから。

ネタのような流れの中で「や~め~ろぉぉぉぉ~~~!」といった使い方はたまにしますが、普通に話している言葉の中では絶対に使いません。

 

そしてギャル達は、目上の人に敬意を払う大切さをしっかり分かっています。

 

ただし、敬意を払うに値しないと判断した大人に対しては辛辣。

本当に尊敬出来ると判断した大人は敬う。

 

中途半端な事はしない。それがギャルです。

 

【結論】

ギャルは礼儀を重んじる(もはや儒教レベル)

 

ギャル=ヤリ◯◯・・・じゃない!

これ、ギャルは勉強が出来ないという思い込みと同じくらい改めて欲しい考え方です。

  • どうせヤリまくってんでしょ?
  • 誰とでもやるんでしょ?

何度も言われました。

 

一番ショックだったのは、初めて出来た大好きだった大学生の彼氏がそう思っていたこと。

「結構経験あるんでしょ?」

 

初めてHすることになった時、「経験はない」と何度言っても最後まで信じてもらえませんでした。

「そんな嘘ついても、ギャルなのにバレバレだから(笑)」

 

しかも、初めて男性の突っ張り棒(男性のアソコ)を見て「(何じゃこりゃぁぁぁぁぁぁ!!!お父さんの立ちションの時のと違う!!!!!!)」と唖然としてる私に対して言った言葉が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「上に乗って」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上!!!!????

 

 

 

 

 

 

 

 

あの、、、

上ってなんでしょうか!!!!?!???

 

 

 

 

 

 

ポカンとしながら「うえ…(*´ω`*)…?」と言う私に

「うん。ここ、またがって。」

 

 

どうやら、騎◯位がはじめてなだけだと勘違いしているもよう。

 

 

 

 

 

だ・か・ら!!!!

 

全てがはじめてなんだってば!!!!

 

バカなの!!!!???(あ、こういう時もバカが使えます)

 

 

という心の声を出せる雰囲気でもなく…

 

 

 

 

the end.

_| ̄|◯

 


 

この先の顛末も書いてみたのですが、あまりに生々しく。

人によっては相当な怒りと不快感を覚える内容だと思ったので、消しました。

 

こんな感じで、この時の彼氏は別れるまでずっと勘違いしたままでした。

 

でも、結構すぐにこの彼氏とのプラグイン(行為)にハマっちゃったんですけど(*´艸`*)

開発者ですね。初カレは。

 

 

 

知ってほしいのは、ギャルだからとか見た目が遊んでそうだからと言って中身が外見と一致するかといったらそうではない。ということ。

一途に人を好きになるし、好きじゃない人とプラグインするのだって嫌です。

 

一部セ◯レがいたり援◯交◯する子だっていますけど、それはギャルに限りません。

外見が派手だからその行動が目立っているだけで、見た目が地味な子だって裏で色々やってる子はやっています。

 

 

ギャルを卒業してから久しい私ですが、今でもどちらかといえば地味な見た目ではないと思います(元ギャルだと分かるような見た目でもありませんが)。

プラグインは好きだし性に関する話もオープンで、男友達とも普通に話しますし一緒に盛り上がります。

 

歴代彼氏も少なくはないです(モテるっていう言い方もあるにはある)。

 

だからといって好意を持たない人とプラグインしようなんて1ミリも思わないし、誰とでもやるなんてとんでもないこと。

 

 

見た目で人を判断してしまうのは心理学的にも仕方のないことではありますが、やはりその人物の中身に興味を持って「実際はどんな人間なんだろう」と判断していってもらいたいと思っています。

【結論】

ギャルは超ピュア(太陽系で一番。キャスバル兄さんもビックリ。)

 

ギャル=困っている人を助ける

私が知る限り、ギャルやギャル男には困っている人をすぐに助けるという人が多いです。

電車の中や道端などで困っている人を横目に通り過ぎる人が多い中、スッと声をかけることが出来る子が本当に多い。

 

 

逆に、目の前で困っている人がいるのに通り過ぎる人・ただ見ている人は一体どいういう心理状況なのでしょうか…「誰かがやるだろう」という思い自体理解出来ません考えるより先になぜ身体が動かないのでしょう。

 

 

先日も写真付きLINEが送られてきて、そこには電車内通路で寝てしまっている中年男性が写っていました(酔っていたようです)。

送ってきた側は私が笑ってくれると思ったのでしょう。

 

でも私は不快感と怒りしか覚えませんでした(元ギャルとして)

 

そうやって写真を撮って笑いものにしている行為。

そこにはまるで誰もいないかのように振る舞う電車内の人達・・・。

 

 

その後また送られてきた写真には、その男性を起こそうとする女性の姿が。

同時に送られてきた文章には「救世主現る。」

 

 

怒りのリミッター振り切ったので、何も返信せずにスマホ画面を消しました(元ギャルとして)

 

 

 

 

別の日、電車内でつり革を持って立つ私の目の前に座っていたギャル男が、少し離れた場所に立っていた松葉杖の方に声をかけにいって席を譲っていました。

 

 

「ナイスギャル男。キミは男の中の男だ!!!」

 

 

心の中で称賛しておきました。

【結論】

ギャルは聖母

 

 

最終結論

以上のことから、最終結論を導き出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャルは、ただの聖女です。

 

 

 

 

 

アルテイシア越えた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわりっ(*´艸`*)


ギャルの習い事:子供の習い事~茶道編~大人になって役立ったこと

真面目なギャルの恋:こんな人には二度と出会えないだろうなっていう恋の相手が妻子持ちだった。っていうそれだけの話

 

 

スポンサーリンク