【キャンピングカー】後部マーカーランプの交換と総費用

キャンピングカーマーカーランプ
スポンサーリンク

少し前に、車検に向けて2社から見積りをとりました。

その流れの中で、我が家のキャンピングカーの後ろ上部マーカーランプが片方だけ切れていることが判明。

 

片方だけ切れている状態だと車検に通らないそうです。

車検に通すには


  1. 左右両方ランプが付く
  2. 左右共にランプが存在しない状態(撤去)

このどちらかを選択し対応しなければなりません。

 

マーカーランプ撤去という選択

我が家は子供が小さいということもあって、夜間暗い時間にキャンピングカーを動かすということは今の所ありません。

キャンプであっても、普段の子供の生活パターン(睡眠スケジュール等)は絶対に崩さないというポリシーがあるからです。

(子供の生活パターンを基礎にして親がそれに合わせるという、私が決めた絶対的ルールが存在します)

 

そのため、「マーカーランプは不要じゃない?」と思いましたが、撤去するには色々問題が。

 

それは、配線のための穴が空いているため、ランプを撤去するとその穴を埋める作業が発生するということ。

またまたお金が発生します・・・。

 

ランプが両方ダメになっているのであれば穴を塞ぐことも考えましたが、今回は片方のみ。

ランプ交換を選択しました。

 

マーカーランプ修理

マーカーランプの撤去を諦めて新しいランプに交換してもらうことにしました。

 

LEDライト切れ

事前段階ではライト切れのみ指摘されていたので、ライト交換で済むと思っていました。

そもそも納車前(3ヶ月前)に消耗品は全て新しくしてもらっていたのに、LEDがそんな早く切れるものかな?という疑問もありましたが・・・

 

配線の問題と判明

実際に作業に入ってもらっところ、LEDライト切れではなく配線側に問題があったことが判明。

余分な作業が発生してしまいましたが、やってもらざるを得ないのでお願いしました。

 

納車たった3ヶ月で

納車後毎日乗っていたわけではないのに、そんな早く不具合が出るのかなぁ・・・納車時作業のミスじゃないの?と色々勘ぐりましたが、そうしたことで何かが変わるわけではないので特に何も言いませんでした。

 

修理代内訳

マーカーランプ 1,296円
コーキング   216円
端子2個 1,080円
工費 4,320円
合計 6,912円

 

ランプ切れが原因ではなかったのにランプも新しくなっていました。(配線側の影響でランプもダメになっちゃったのかな?)

実際キャンピングカーを修理へ持っていったのは夫。

彼はプライベートにおいては言われるがまま一切の疑問を持たない人間なので、今回もまた疑問にも思わず質問もせずに帰宅しました(いくら脳がOFFモードとは言え、本当にエンジニアなのか・・・)

 

お世話になっているビルダーさんはクレジットカード使用不可なので、現金で支払ってきました。

 

次は車検

次はとうとう、初めての車検です。

車検は2018年10月。

 

購入したのは2018年5月なので半年も経過していませんが、中古車購入なので購入日からの起算ではないんですよ。

 

中古車購入を検討しているかたは、次の車検がいつなのか?という事もしっかり確認して下さいね。


 

人気記事:エアーサスペンションに変えるか悩んでいる人は是非読んで。

オススメ記事:腹筋を割るアラフォー人妻~家での事前準備~

スポンサーリンク