投資・資産形成 息子の持病と社会福祉

お金が高くついてでも我が家が外車に乗る理由

2022年11月15日

投資家さんの中には「自家用車は負債だ」と言うかたが多くいます。

確かに、自動車保険代・駐車場代・ガソリン代・車検費用・自動車税など維持費トータルすると高いー!

我が家も、維持費だけで年間50万円はかかっています(車検代含む)。

うちは駅から徒歩7分の場所に住んでいますし徒歩圏内にスーパーやドラッグストアがいくつもあります。

それでも絶対に車は手放せません。

それでいて国産車に比べてちょっと価格が高い外車に乗っています。

「車は負債」とか「外車なんて贅沢品」といった所とは別次元の理由がちゃんとあるのです。

病弱児の息子の送迎に不可欠

その理由が息子です。

息子は0歳のころから11歳の現在までずっと障害者手帳1級を保有しており、国が指定する難病でもあります。

申請に必要な医師の診断書に書かれている「予後不良」の文字をみるたび、小さなため息が出てしまいます。

自分で歩くことはできますが、連続して歩けるのは良くて100メートルほど。

24時間酸素吸入していますが、少し歩くと血中酸素飽和度はあっという間に50台まで下がります。

元気な状態でも酸素飽和度は80台前半。

こんな数値で生きていられるって、人間の身体というか適応というか、、、ってすごい。

そのため、学校内でも移動の時は車椅子を使うことがあります。

階段の昇り降りはできないので、階を移動する際は必ずエレベーター。

このような状態なので、車がないと息子は学校も行けないし通院もできないのです。

酸素ボンベは2時間おきに交換するため出かける際の荷物も当然多く重くなり、酸素ボンベ以外の荷物もあるので車じゃないと「絶対にムリ!」というのが現状です。

中身がカラになった酸素ボンベは自宅に持ち帰り、週に何度か来てくれる酸素業者さんに返却します。

そして、酸素が充填されたボンベを別で受け取るのです。

所得制限のせいで福祉系の手当てはほぼ全てが打ち切られてしまった我が家ですが、自動車税は所得制限がないらしく全額免除してもらえています。

ありがたいことです。

自動車税減免要件はお住いの自治体に確認してください。

我が家は外車に乗っています。

全額減免なので払ってはいませんが、自動車税額は国産車に乗っていた時より安いです。

国産車の時より排気も大きくなってるのになんでだろ~?

自動車税以外の重量税みたいなのは普通に全額払っています。

事故に遭ったときに体を守る車

子供の送迎だけなんだったら軽自動車でもいいじゃないか、国産のファミリーカーでも良いじゃないか。

そう思うかたもいると思います。

けれど我が家が1番に車に求めるのは、乗り心地や使用感・デザインや燃費・価格よりもなによりも

・事故に遭ったときに命を守れるか
・怪我を最小限に抑えられるか

これに尽きます。

いくらこちらが安全運転をしていても、もらい事故というのがあるんです。

むかし国産のファミリーカーに乗っていた時のこと。

息子を載せている際にもらい事故に2度も遭ったのです。

見た目は大きくしっかりしてそうな国産車でしたが、減速した状態であったり軽自動車にぶつかられただけでフロントやリアがいとも簡単にグシャリといってしまったのです。

もし相手が減速していない普通車だったり、減速していたとしても大型トラックだったとしたら、、、。

2回目の事故に遭ったとき、外車(命を守る作りになっているもの)に乗り換えようと決めたのです。

命が助かったとしても、大きな怪我や障害を負いその後の生活に支障をきたしたり苦しい思いを自分もしたくないし息子や夫にさせたくない。

そして実際にそういう方々を多く見てきているのです。

息子がお世話になっている病院のうちの一つ(リハビリ専門施設)で。

車に乗っている限り事故に遭う危険度はあがります。

そのリスクを下げるためのいわば「投資」なのです。

どこのメーカーの車に乗っているかは書きませんが、「命を守る」ことに重きをおいて昔から車作りを続けている自動車メーカーです。

この車を購入してからは、心の底から安心して息子を乗せて運転できるようになりました。

正規店で購入しすべての点検等のフォローも信用してお願いしているので、そのぶん多少値も張ります。

購入費用

いくらとは書きませんが、今乗っているのは半導体不足の影響や円安の影響を受ける前に購入しているので良い時期に購入できています。

また、その前に乗っていた車が8年落ちにも関わらずかなり良い値段で売れたので実質130万円の持ち出しだけで買い替えができたのです。

これはもう、お買い物上手と言っても良いのではないでしょうか!

車でも、資産価値があるかどうかを考えて購入するのは大切ですね。

負債かどうか・価値観は人それぞれ

車は確かにお金がかかるものです。

学校送迎は毎日往復1時間以上運転するし、月に何度もある定期通院は往復2時間近くかかる場合もあるのでガソリン代もなかなかです。

以前はガソリン代も年間2万円補助が出ていたのですが、それも所得制限で全額打ち切られてしまいました。

ガソリン代、地味につらいよぅ。

リッター4円引きクーポン毎回使って、さらに楽天ポイントも貯めてます。

けれど自動車が必要な理由は人それぞれだし、自動車が趣味の人だっている。

自分が良いと思っているのであれば良いのだと思うのですがどうでしょうか?

一緒に生活しているのであれば価値観のすり合わせは必要になってくるのかもしれませんが、全く関係ない人に「負債だ」といった言葉を投げつけるのはなんだか悲しくなりますね。

ひとはひと、自分は自分で良いと思うのです。

あっ、免許返納に値する運転の人が「必要だから!」って運転し続けるのは私も反対です。

我が家も運転ができなくなったら、息子の病院の徒歩圏内に引っ越して学校登校は諦めてもらってオンライン参加して、、、とか色々考えて対応するしかないです。

ランキングに参加しています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ダー子

2019年に株式投資をはじめた専業主婦。難しいことがなかなか理解できずいつまでも初心者タスケテ。家族3人が将来困らずに生きていくためにコツコツ資産形成中。指定難病のある小学生のママ、1982年生まれです。

-投資・資産形成, 息子の持病と社会福祉
-,