災害時やキャンピングカー内で重宝の愛用ポータブル水洗トイレ記事

【資産形成】今スグ誰にでも出来ること。下手したら収入なくなる程の景気悪化の波が押し寄せてきてる

資産を守る方法

こんにちは、ゆうりです。

自粛生活で時間を持て余している人が多いのか、ゲームや動画配信サービス業が好調のよう。

ZOOM飲みも流行ってますね。

 

私はというと、何でこんなに忙しいのかってほど忙しくて、ゲームをしたり漫画を読む時間は一切ありません。

時間がなさすぎて朝夕の肌ケアしながら勉強用の動画を見たり、筋トレ&食事づくりをしながら株の本を読んだりしています。

朝ごはんを食べながらお昼ごはんのメニューを考えて、お昼ごはん食べながら夕食のメニューを考えています(インスタントは身体に悪いのでなるべく頼りたくない)

休校中の息子の為に自宅で「ママ学校」を開いているしボランティア仕事もあるので、自分自身の仕事時間の捻出に苦労している状態です。

息子の体調が悪い日は全く勉強が出来ませんが、母子共に工夫したり頑張っている甲斐もあり、普通に学校へ通っている場合よりも授業内容は進んでいます。

そしてZOOM飲みは嫌い。

 


在宅勤務・自粛生活になって単純に何も考えず「時間つぶし」をしている人は気を付けたほうが良いと思います。

景気悪化の波はすぐそこまで来ています。

自分は大丈夫・正社員だし・年金あるし。と思って安心していたら危険。

本記事には資産形成には攻めだけでなく守りが大切であるという事と、今スグ誰にでも出来る守りの手法を記載しています。

リスク管理が出来る人・危機感を感じる事ができる人は、時間を無駄使いすることはしません。

 

派遣切り・パートナー社員切りは既に始まっている

帝国データバンクのHPを見れば分かりますが、コロナ関連破産の企業は日に日に増えていっていますね。

そして破産まではいっていなくても、派遣切り・パートナー社員切りを既に実行している会社は出始めています。

旅行やホテル業・飲食業・製造業ではなくてもです。

大黒柱以外の家族(例えば配偶者)のパート収入も含めた状態で家計を支えていた場合、今後住宅ローン・自動車ローンを支払えなくなる可能性もありますよ。

 

正社員であっても、利益に貢献出来ていない人は切られていく

企業として真っ先に守るべきは正社員。

だからこそ派遣やパートナー社員が先に切られていくわけですが、それでも足りない場合(会社の存続の危機)となれば次は誰を解雇するでしょうか。

利益貢献していない正社員ですよね。

いわゆる学歴だけで入社したけど仕事は全然出来ない人給料泥棒と言われているひとたち。

 

学歴って、会社に入る時は強さを発揮することはありますが結局高学歴=仕事が出来るという式にはならないんです。

学歴の上にあぐらをかいているタイプの人は厳しいですよね。

 

従業員1万人を抱えるIT企業でも厳しくなってきている

わたしの夫がいま所属している会社は従業員1万人を抱えています。(夫はキャリアアップ転職続けてきて4社目か5社目)

いわゆる大企業に分類されていて、それでいて今最も勢いのあるIT系の企業です。

長年右肩上がりの業績・利益を更新し続けてきた会社ですが、それでも今の状態が続くと会社そのものの存続が厳しいそう。

インターネットは今や生活になくてはならない技術。

それでもSTOPしてしまった案件は多いんです。

 

ありがたいことに夫のチームは在宅後であっても新規案件を受注し毎日忙しく仕事をしています。

ですが、会社全体としては厳しい。

 

いま自分に出来ることは何なのかを考える

こういった現状は、本来であれば前々から想定してリスク管理をしておくべきですよね。

例えば我が家の場合。

夫は本業スキルを磨き、会社がダメになっても他の会社からバンバンオファーを受けるほどの人材になっておくこと。つまり「個」としての価値を高めておくこと。

私は当面の生活を守るための資産管理。

株式資産以外に生活防衛資金を2年間分現金保有しています。

生活防衛資金とは
何らかの事情で収入が途絶えても、今まで通りの生活を続けていくための資金

どんなに仕事が出来て会社に利益をもたらしていても、今回のように有事の際に会社の体力がもたなければ職を失いますよね。

 

結婚当初夫の年収400万円台だったのにここまで貯められたのは、この本に書かれているほとんどの内容を自然に行っていたからです。

この本自体を知ったのは今年3月ですし投資での資産運用を開始したのは去年です。

ただ、投資での運用をしていなくてもこの本に書かれている事を当たり前のようにやっていたからお金が貯まりました。

資産形成がうまく出来ない人はこの本を絶対に読むべきです。

100年間読みつがれているベストセラーを、読みやすく漫画にしたものです。

今スグ出来ること①:浪費をやめる

そうはいっても、今から数ヶ月で急激にスキルを伸ばすことは出来ないし生活防衛資金2年間分を突然貯められる人はいませんよね。

出来る事で1番簡単なことは浪費をやめること。

暇だからといってゲーム機を買ったり漫画を大量買いしたり、巣ごもり美容のチャンスとかいって収入が増えたわけじゃないのに突然高いスキンケア用品買ったりしていませんか?

子供がストレス貯めてるからと言ってオモチャを買い漁っていませんか?

何かを買うこと自体はもちろん自由ですが、後先考えずに今だけをみてお金を使うのは危険!

うちの場合、購入するもの・購入判断は自粛前と一切変わっていません。

息子のレゴやオモチャも元々あったものを使用して、再度やり直すという手法。

組立ガイドがボロボロでしょ?2年以上前に買ったやつな気がする。

レゴ

他のレゴパーツと混ぜて保管してるから、その中から必要なパーツ探し出すのに5時間くらいかかった。

レゴって親もハマるよね(笑)

うちはもともと息子にオモチャをあまり買い与えません。

お誕生日の年イチが基本。クリスマスはそもそも我が家に導入させていないし。

「今あるもので頭を使って工夫して遊んでごらん」て伝えています。

子供の創造性を伸ばすためにこうしてますが、出費も少なく済むので一石二鳥です。

 

今スグ出来ること②:無駄な固定費(医療保険)を見直す

暇を持て余していると感じているのであれば、面倒だと思って延ばし延ばしにしていたであろう固定費見直しをしてみたらどうでしょうか。

こまめに電気のスイッチ切って節約!とか、ハッキリ言ってめちゃくちゃコスパ悪いです。

旦那&嫁が電気つけっぱなし!とかイライラするのも嫌じゃないですか?

もっと効率的に節約をするには固定費削減が1番です。

無駄な民間医療保険を支払っていませんか?

日本には高額療養費制度というのがあります。

民間医療保険にバカ高い保険料を毎月支払わずとも、国の制度で医療費の多くをカバーしてくれますよ。

こちらの厚生労働省のHPに詳しい記載があります

(うちも、息子の手術入院の際などこの制度を何度か使用したことがあります)

 

会社の健康保険独自の給付金制度も調べたことありますか?

国の高額療養費制度を使った上、自己負担金額の中から更に会社(健保)が医療費負担してくれる制度です。

(厳密には、医療費負担というより後から給付してくれるという制度)

我が家の場合、高額療養費制度&健保独自の給付制度を併用させれば、月の医療費支払い負担は3万円程度で済む計算になります。

高額療養費制度と健保独自の給付制度を調べて、民間医療保険の内容を見直そう

こういった内容を把握した上で、それでも民間医療保険の助けが必要になりそうだと思えば少額のみ加入したら良いだけです。(入院時の食事代・パジャマ代・TVカード・付添家族の食費・お見舞い家族の病院駐車場代などなど)

医療保険の支払いで5,000円も1万円も毎月支払うとか、無駄過ぎます。

年換算したらとんでもない額ですよね。

なんなら、既述した「入院時の食事代・パジャマ代・TVカード・付添家族の食費・お見舞い家族の病院駐車場代などなど」だって医療保険で賄おうとするのでなく「毎月医療保険料を支払ったつもり」で自分で預金しておけば良いだけですよね。

 

今スグ出来ること③:無駄な固定費(スマホ代)を見直す

未だにソフトバンクやKDDI、ドコモと直接スマホ契約していませんか?

若くして資産形成出来ている人たちは、必ずと言っていいほど固定費を削減しています。

その中の1つが格安スマホ。(若くはないですが、私の60代両親もこれです)

「格安」とついているのでちゃっちい感じがしますが、べつにちゃっちくないです。

通信料が安く済むってだけの事。「格安スマホ」っていうネーミングが印象悪すぎるだけなんですよ。

端末も結構安いですし今まで何一つ困った事はありません。

これって、KDDI・ソフトバンク・ドコモという通信事業者(キャリアとも呼ばれます)から格安スマホ業者が回線を部分的に借りてるんですよ。

 

だから安い通信料で提供することができる

私の場合はドコモ回線を借りている「IIJ(アイアイジェー)」という所で格安スマホ契約を長年しています。

なので、私のスマホ画面の電波表示部分にはNTT DOCOMOと表示されているんですよ。

IIJも十分安いですが、最近は楽天モバイルに変えようかって夫と話しています。(いま現在、楽天はKDDI回線を借りてサービス提供しています)

楽天カードを使用しているなら、楽天ポイントが貯まります。

そのポイントで楽天モバイル(スマホ)代を支払う事が出来るんですよ。

 

うちの場合、こんな感じで楽天ポイントの取得倍率ベースを高くしています。

何もしてなくても普通に生活してるだけで取得倍率7倍くらいになるような状態に設定してあるんです。

  • 楽天カード利用+2倍
  • 楽天市場アプリ使用+0.5倍
  • 楽天銀行でのカード引き落とし+1倍
  • 楽天証券でのポイント投資+1倍
  • 楽天生命保険+1倍(月1,000円ほどの夫の生命保険)
  • 楽天ビューティーから美容院予約+1倍(使った場合)
  • 楽天トラベル+1倍(使った場合)
  • 楽天ブックス+0.5倍(使った場合)

その他、楽天銀行と楽天証券を連携させるだけ楽天銀行が普通預金年利0.1%に。

ここに楽天モバイルを入れたとしたら更に+1倍

楽天モバイルはデータ使い放題で月2,980円。それが今なら1年間無料なので格安スマホを使っていない人は絶対に変えるべきですね。

我が家のように楽天が展開しているサービスをなるべく使用するようにしておくと(楽天経済圏の住人と言います)、下手に投資に手を出すより安全にコツコツ資産を増やして守れますよ。

楽天市場は0と5がつく日はポイントが5倍になります。

年4回の楽天スーパーセル年8回のお買い物マラソンのタイミングで必要なものをまとめて購入するようにするだけでも全然違います。

うちも先日のお買い物マラソンのタイミングに合わせて必要だったもの(在宅勤務に必要なPCディスプレイやお風呂用タオル・私の化粧品など)を購入しましたが、3万円分ほど買って5,000円分のポイントをゲットしましたよ。

 

この5,000円分のポイントはそのまま楽天証券で投資信託や株式購入にも使えるし、楽天市場で欲しい物があればその代金にも使えます。

もし楽天モバイルを契約していれば、ポイントでスマホ代全部支払えちゃうので実質タダ

このように固定費を見直すって、すごい効果があるんですよ。

 

たとえば医療保険料毎月1万円をなくし、スマホ代月1万円⇨タダになったとしたら、年間24万円浮く

10年で240万

30年で720万

 

塵も積もれば山となる、です。

 

おわりに:攻守ともに強くする必要がある

攻め(収入をアップさせる)と守り(出ていかないようにする)を強くしないと、資産形成…つまり生活を守ることは出来ません

いつでもカツカツの生活・将来の不安を抱え続けた生活を送ることになる。

いま現在、経済悪化の影響から攻めが厳しくなってきているのであれば守り側スグに出来ることはないのかを考える必要があります。

「どうしようどうしよう」って思って頭の中だけで思いやアイディアをめぐらせてなんとなく過ごしているだけでは、何も物事は変わりませんよね。

進んだ気になっているだけです。

 

それにどんな資産家でも、むしろ資産形成をしている人こそ固定費を低くしたり節税をして守りを固めています。

資産形成が上手くない人というのは「固定費見直しめんどくさい」とか「付き合いで入ってる保険だから」など言い訳を並べて行動に移しません

 

なのに「持ち家は資産」など、それは違うよねって事を堂々と口にします。
(申し訳ありませんが、一部を除いて持ち家は負債です)

 

我が家の場合、攻めは夫・守りは私です。

夫のキャリアアップ戦略・節税対策を考えるのも私。

 

「自分の所は安心」と、何の根拠もなく思っているのであれば痛い目を見る可能性があります。

このタイミングを見直しのチャンスと捉えて行動してみませんか。

うちは、夫の会社が倒れた場合の転職戦略も既に練ってあります。
先日夫にその内容・方法を伝えたところ「なるほど…確かに!」という顔をして安心していました。

 

ただその前に「納得出来る会社がスグに見つからなくたって、2年間は生きていけるんだから、あなたは今まで通り仕事内容・条件に妥協することなくノビノビと仕事していけばいいよ~!」と伝えて肩叩いておきました。

支え合ってこその夫婦ですよね。

本記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

まだ楽天経済圏の住人じゃない場合は、年会費も入会金も無料&ポイントを貰えるカードを作らないと損ですよ!

うちの60代両親も先日2人揃って楽天経済圏の住人になったので、毎日ルンルン報告LINEしてきます。

「父さんが楽天カードデビューした!」
「母さんも楽天カードデビューした!」
「楽天銀行にお金振り込んだ!」
「楽天証券で買う株考えてる~!」
「いま楽天にハマってる!」

仲良しでなにより(笑)