【一緒に頑張ろう】アラフォーからでもイイ身体は作れる

 

こんにちは、ゆうりです。

 

早速ですが、あなたにはこんな悩みありませんか?

  • 30歳を過ぎた頃からなかなか贅肉が取れなくなった
  • 産後体重は元に戻ったものの体型が元に戻らない

私にはありました。

 

10代の頃は2週間ほどチャチャっと腹筋運動を取り入れただけでお腹が引き締まって腹筋のスジが見えるようになっていたのに、30歳を過ぎた頃から少しやった程度では効果が現れなくなった。

 

ゆうり
その事に気がついていたのに、「まぁいっか。忙しいし・・・どうせ主人しか見ないんだし・・・」と、現実逃避。

 

なんやかんやと理由をつけて、醜くなった身体を服のコーディネートで隠す生活でした。

 

でも、やっぱり「これではいけない!」と一念発起。

 

今日は、「アラフォーからでもイイ身体を作れるんだよ」「一緒に頑張ろう!」という気持ちを込めて、私がどのような考えの中でトレーニグを行っているかをお話したいと思います。

アラフォーからの筋トレダイエットに、少しでも興味をもってもらえたら良いなと思います。

 

こんなあなたに読んで欲しい記事です

  • アラフォーからのカラダ作りなんてムリだと思ってる
  • ムリとは思いながらも、良いカラダに憧れてる

現在の私のデータ

実年齢は36歳です

▽こちらは、とある日のわたしの身体データ(自宅にあるオムロン体重計ではかっています)。

身長 158cm
体重 45.3kg
体脂肪率 20.9%
内脂肪レベル 1
骨格筋率 31.1%
基礎代謝 1083kcal
身体年齢 21歳
BMI 18.0

ゆうり計測結果

ゆうり
毎日変動はありますが、だいたいこのような数値です。

 

冒頭写真と同じですが、こちらがわたしのお腹。

ゆうり腹筋

本気で筋トレをしようと思ったきっかけ

これと言って大きなきっかけがあったわけではないんです。

 

元々「やらなくちゃなぁ・・・」「でも続かないなぁ・・・」「楽して良いカラダなりたいなぁ・・・」そんな事は考えていました。

 

でも主人から「デカくなったよね」と言われたり、明らかに体力が落ちて疲れやすくなってきている事を実感して「そろそろ本気でやりはじめないと、子供のお世話も出来ないし人生も楽しめない気がする」と思うようになっていきました。

ジムへ行く時間がない

専業主婦ではあるものの、平日は家事育児のかたわら細かな用事やライターの仕事があるためジム通いは出来ません。(子供がもう少し大きくなったら行きたいな…。)

かといって主人がお休みの土日祝日に毎週ジムへ行くのも気が引けます。

 

それになんかジムって月額利用料高くないですか?

 

平日毎日いけるならもとが取れそうなんだけど、そうじゃなければすごく割高でもったいない気がしてしまって。

 

じゃあどうしようかと考えた時、家事の合間や最中のスキマ時間運動・ながら運動で引き締めるしかないと思いました。

ゆうり
自宅運動で健康的に引き締めることができれば、お金の節約になって気持ちも上がりますしね

食事制限はしない

わたしは料理は嫌いですけど食べるのは大好き。おやつも大好き。

食事制限は絶対に無理なんです。

 

確実にリバウンドする自信があります。

そのため、食事制限はしないと決めています。

 

連日おやつを食べ過ぎて肌の状態が悪くなった場合などは、おやつをセーブするとか野菜をふやすとかしますけど、【全体的なカロリーを下げて体重を落とす】というパターンの制限は一切しません。

ゆうり
「しません」というより、ストレスが溜まって精神的にムリ。そこまでしたくはない。

スキマ時間運動・ながら運動

料理をしながら腹筋をしたりスクワットをして筋肉を鍛えています。

筋肉は、何歳からでも鍛え成長させることのできる臓器です。

 

やるのはしんどいですけど、やった分だけ結果が現れるのでだんだん楽しくなってきます。

下半身リンパマッサージ

寝る前にマッサージオイルと精油(アロマオイル)を使用して下半身のリンパマッサージをしています。

ゆうり
特別役立ててる訳ではないですけど、2017年にアロマテラピー検定1級取りました。

アロマテラピー検定1級

 

話をもとに戻します

わたしは【洋ナシ体型】。

 

洋ナシのように上半身は細身・下半身がドッシリしている体型なんです。

 

私の下半身には溜まりに溜まった脂肪もありますが、浮腫(むくみ)も結構酷い。

靴下の痕が絶対につきます。

 

そのため、寝る前に大体20~30分かけて1日分の浮腫を取るためにリンパマッサージを行っています

ゆうり
リンパマッサージついでに、脂肪(セルライト)の塊を潰してます。

目指すカラダをイメージする

まだまだカラダ改造途中ですが、「こんなカラダになりたい」というイメージを常に持っています。

 

毎日服を着替える時・お風呂に入る時…自分の裸の身体をじっくり見て、イメージと比べながら【どこをどうしたら良いのか】を考える事は重要です。

 

イメージが続かない人は、目につく場所にその人のポスターを貼っておくのも効果的だと思います。

 

ゆうり
しっかりイメージしながら運動することで「頑張ろう!」と思えるし、気持ちがダレが時も「よし、またやろう!」という状態に早く戻ります。

1人でやるからこそ、イメージし続けること・意識し続けることがモチベーション維持には相当重要になってきます。

しんどい時はエステだってあり

わたしは今のところ1日3時間程度しか継続的な睡眠が取れない生活。

疾患があるとか夜間頻尿で起きるとかではなく、ちょっと家庭の事情で(ここは公表を控えます)起きてやらなくてはならない事があるんです。

ゆうり
本当は7時間くらい寝たい・・・

その中で家事育児仕事をこなすので、たまにめっっっちゃくちゃしんどくなる時があるんです。

 

気持ちがしんどいんじゃなくて、リアルに身体がしんどい。

 

日中倒れそうになることもあります。

 

そんな時は筋トレもマッサージも無理してやらずに、ストレッチだけにするなど柔軟に対応しているものの、そうすると次の日の身体の良さが違うんですよ・・・。やらないと朝イチの身体が全然ダメ。

 

でも、しんどい。

 

そんな時はエステをうまく利用するのもアリだなと思っています。

スリムビューティーハウス体験【痩身エステ体験レポ】スリムビューティーハウスの効果を大公開!

アラフォーからでも良いカラダは作れる

「もうどうせ40だから。」

「誰かに見せるわけでもないし。」

「キツイことはしたくない」

「どうせ続かないし」

 

確かにご主人以外には見せないかもしれない。

確かにラクではないです。面倒です。

 

でも、わたしは筋トレをして体型が変わり始めてから自分に少しだけ自信が持てるようになりました。

継続して何かを続け・結果を出しているということが自信に繋がったんだと思います。

 

「わたしだってやれば出来るんだ」

 

身体が綺麗になってきて、同時に頑張ってる美容でも効果があらわれはじめてて、だんだん主人の視線が変わってきたのがわかります。

 

わたしの名前すら呼ばない人なので言葉にはしませんけど、化粧をしてお洒落して出かける私をみて「ふ~ん・・・」と言いながらちょっとはにかんでいます。

ゆうり
こういう反応の時の主人は「いいね♪」って心の中で思ってるんです

 

義母・実母・妹も「綺麗になった」と褒めてくれるし、大学時代からの友人も「見た目変わらないね!」といってくれました。

 

褒めてもらえるとすっごく嬉しいし、褒めてもらえるということは頑張ったことが結果として現れている証拠。

 

それでいて健康的にも良い。

 

これはやるしかないと思いませんか?

 

「もうアラフォー」といっても、まだ人生の折り返し地点。

平均寿命まで生きるとなれば、あと40年あるんです。

 

出来ることなら、最後の最後までしっかり自分の足で歩ける元気な状態でいたいと思いませんか?

 

お肌のアンチエイジンを頑張るのと同じくらい身体にも目を向けてあげると、新しい世界が見えてくると思いますよ☆

 

わたしも頑張っているので、一緒にがんばりましょう!

食事とダイエット【筋トレダイエット】わたしの身体データと、食事制限についての考え方