腹筋ダイエット~腹筋を割る子持ちアラフォー人妻の1日(午後編)~

腹筋ダイエット
スポンサーリンク

腹筋ダイエット~腹筋を割る子持ちアラフォー人妻の1日(午前編)~

2018.10.02

↑こちらの午前編に続き、今日は午後編をお送りしたいと思います。

⚠注意

ここに記載している方法はあくまで私のやりかたです。みなさんそれぞれに合った方法を見つける為の1つの参考記事だと思ってお読み下さい。

とある休日の、人妻スケジュール(午後編)

この日は子供の習い事がある、とある土曜日。(絶対にこのパターンではありませんが、こういう日もあるよという一日です)

13:30~ 子供のピアノ教室へ向けて出発(車を40分ほど運転しながら車内カラオケ)
14:20~ ピアノレッスン開始(横で見守る)
15:00~ 帰路に着く(車を40分ほど運転しながら車内カラオケ)
16:00~ 帰宅~子供とおやつ
16:30~ パパが子供をお風呂に入れてる間に夕食作り/またはパパ夕食準備の間に私が子供をお風呂に入れる
17:30~ ビール500mlを飲み始める(私が)
  私シャワータイム(湯船にはつからない)
  シャワー10分・全身保湿ケアとドライヤーなどで40分ほど
18:30~ 家族で夕食&ビール500ml2本目(私が)
19:30~ 食後片付けしながらビール500ml3本目(私が)
  パパシャワー終了後洗濯を回し始める
20:00~ 子供に絵本読み聞かせ(パパが)
  子供の歯磨き(私が)
  日本酒を飲み始める(私が)
20:30~ 洗濯乾燥開始・子供の寝付かせ(パパと2人で)
21:00~ 酔いに任せてパパを襲う※1(就寝中の子供の隣で)
21:30~ パパ自分の寝室へ戻る(ファストプラグイン※2
  続きのお酒を飲みながらPC作業や読書など1人時間開始(就寝中の子供を確認出来る場所で)
24:30~ 入念脚マッサージ開始※3
  飲酒後の就寝前腹筋はやってません(寝るギリギリまで飲んででお腹タポタポ)
25:00~ 就寝
翌5:00 起床
  腹筋ダイエット~腹筋を割る子持ちアラフォー人妻の1日(午前編)~のスケジュールへ戻る

※1:坂口憲二や好きな人に抱かれていると思いながらやると良い

※2:主に3分〜30分以内で終了してしまう愛を感じないプラグインのこと。FAST PLUG IN.(インスタントプラグインとも。)

※3:本当は飲酒後のマッサージや運動はNGです

運動取り入れタイミング

では上記スケジューの中で、どのタイミングで運動をしているのかを見ていきましょう。

【腹筋基本形態】が分からない方は、こちらの腹筋ダイエット~腹筋を割る子持ちアラフォー人妻の1日(午前編)~記事内で確認して下さい。

車運転中・1時間20分(座位)

往復で大体1時間20分は運転するので、その間ただお腹を休ませておくなんてもったいない!

しっかり運動しながら運転です。

【腹筋基本形態1】を行いながら運転。

そして【腹筋基本形態1】を行いながら子供とカラオケ。

 

子供のリクエストは、だいたい斉藤和義の【歌うたいのバラッド】か【メトロに乗って】です。

サングラスをかけて大笑いしながら車内カラオケをしている運転手を見かけたら、それは私です。

こんにちは。

おやつ・食事・PC作業・読書(座位)

椅子に座る時は浅く座り、左右両足膝の間に適当な大きさ・厚みのタオルをいれます。

タオルをギューっと潰すように、中心へ向けて左右の膝に力を入れて下さい。

食事時以外は、【腹筋基本形態1】も加えます。

座っている間は何度でも繰り返します。

読書時は本に相当集中するので結構運動忘れが多いです。

 

洗濯物回す準備(立位)

パパのシャワーが終わったらすぐに洗濯機を回し始めます。

ほぼ全ての衣類を洗濯ネットに入れるので、洗濯機を回す準備に5分ほどかかります。

(使用洗濯機は、日立ビートウォッシュ10kg乾燥機能ナシです。乾燥機はまた別で設置しています。)

つま先立ちスクワット

【スクワット+腹筋基本形態1】という組み合わせのまま衣類を洗濯ネットに入れて洗濯機へ投入します。

 

食事準備

【食事準備】の項目は、腹筋ダイエット~腹筋を割る子持ちアラフォー人妻の1日(午前編)~からの完全コピペです。

 

食事準備の時は、運動出来る絶好のタイミング!!!

材料カットや混ぜたり等のときは【足クロス+腹筋】

↓ ↓ ↓

足クロス

 

トースターやオーブンの中を見つめている時は【スクワット+腹筋】しなが見つめる。

↓ ↓ ↓

 

 

フライパンで炒めものをしているときは【腹筋基本形態2】

などなど。

 

基本的には下半身がボーーーーーっとしているのが料理中の基本バージョンなので、【腹筋+下半身】運動の存在を常に頭にいれながら調理して下さい。

食器洗い等片付け(立位)

パターン1【アラベスク+腹筋】

↓ ↓ ↓

あしあげ

 

パターン2【足クロス+腹筋】

↓ ↓ ↓

足クロス

 

Wacomのペンタブで書きました。(変わらずオススメ。LINEスタンプ作って売りましょう。)

 

シャワータイム10分(立位)

我が家は子供と一緒には入らないので、1人シャワー。

【腹筋形態1】+スクワット

この状態でメイクを落としたり洗髪しています。

カラダを洗うときは【腹筋形態1】のみです。いろんな格好して洗うので。

つま先立ちスクワット

くれぐれも脚を滑らせないよう、自己責任でお願い致します。

シャワー後スキンケア&ドライヤー等40分(立位)

私のシャワー後の全身スキンケア時間は長いです。

【腹筋基本形態1】+スクワット
つま先立ちスクワット
脚クロス
足クロス
【腹筋基本形態2】

絵なし。

ボディスキンケア

1ヶ月半ほど前まではほぼ何もやらない(顔にニベアを塗るくらい)の生活だったのですが、気持ちを入れ替えて頑張り始めました。

別記事で細いケア内容を書く予定ですが、1ヶ月半しっかりやっただけで全身もちもちツルツルです。

 

試しに太ももの裏やふくらはぎなど夫に触ってもらったのですが

「すげえ。どうしたのこれ?」とビックリされたほど、触り心地がモチサラ肌です。

 

大学2~3年の頃、友人とお肌の話になった際に太もも裏の肌を触ってもらったのですが(ショートパンツの部屋着だったから)、触った全員が「すんごいツルツル!!」と褒めてくれた経験があります。

本当にそのときの感触に戻りました。

アラフォーでも、しっかりケアをすれば20歳の肌と同じ触り心地に戻ることが出来るということです。

 

 

こうして記事を書きながらも時折太ももをさわっては、その感触にウットリしています。

 

 

 

なお、顔~首にかけてのスキンケアはアスタリフトを使用。こちらも1ヶ月半ほど前から使い始めました。

ドモホルンリンクルも試しましたが私には合わず、アスタリフトがバッチリでした。

トライアル使用時からモチモチ肌になって化粧ノリも最高です。

 

高い商品はそれなりの効果があるんだと実感。

(特に顔はボディよりも皮膚が薄いにも関わらず化粧品など色々悪いものを塗りたくるので、よりしっかりとしたケアが必要ですね)

 

更に全身モチツヤ肌になって坂口憲二に触れられても恥ずかしくないよう努力を続けます。

食事

特に食事制限はもうけていないですが、やはりタンパク質を中心として栄養素のバランスは考えて毎日の食事作りはしています。

特にプロテインなども飲んでいないので、栄養素は気になるところ。

 

おそらく筋トレをしている方はご存知だと思いますが、アミノ酸スコアというものがあります。

100に近いほど十分なタンパク質を体内で作られると考えられています。

 

我が家の食事の一例です

↓ ↓ ↓

ヘルシーな日
夕食

【タンパク源】

鶏胸肉/卵(茶碗蒸し)/大豆(卯の花)/豆乳(写ってないけど)

 

サッパリな日(水餃子)
水餃子

【タンパク源】

豚ひき肉/牛ひき肉/鶏むねひき肉

ガッツリな日
スペアリブ

【タンパク源】

豚スペアリブ

ある日のこどもランチ
チャーハン

(Sun Shineて・・・)

【タンパク源】

水餃子

 

【ビタミンB6(筋肉の合成を高める)】

アマランサス(白米に混ぜて炊いてある)

 

【ビタミンC(コラーゲンの合成を高める)】

ピーマン

マッサージ

寝る前のマッサージ、実はこれがめちゃくちゃ重要です。

私は太ももの付け根から下の脚だけですが、全身が気になる方は全身のマッサージが必要。

就寝前に大体30分かけて入念に脚マッサージを行っています。

 

そうでないと、現在ついている脂肪の上に筋肉がついて・・・脂肪筋肉・脂肪筋肉・・・とミルフィーユ状のゴツいカラダになってしまいます。

浮腫んだものもそのままとなり、浮腫み太りへと進化してきます。

 

以前ナンバーエイト(※)というポジションのラグビー選手と付き合っていた時、まさにこの方法でカラダを大きくしたと言っていました。

昔の写真をみたところ、元々はかなり細身の人でした。

(※)よくわからないけれど、とりあえずスクラムを組むポジションの人。

 

 

しっかり脂肪や浮腫等の老廃物をマッサージ処理するだけで、痩身効果にも雲泥の差が表れますよ。(翌朝ぜんっぜん違う人が鏡映ってるから!)

 

日々の【腹筋・スクワット・栄養素・マッサージ】この4つを意識できれば、良い体ゲットも同然です。

 

このマッサージの具体的方法と使用している道具・そしてボディスキンケア方法など必見記事は次回以降お楽しみに\(^o^)/


スポンサーリンク