【記事】キャンピングカー年間維持費は?

【キャンピングカー】スタッドレスタイヤ交換の必要性・注意点と交換価格

スタッドレスタイヤ

こんにちは、キャンピングカーオーナーのゆうりです。

キャンプといえば夏を連想する方が多いと思いますが、キャンピングカーは冬こそ大活躍する時期だと思っています。

FFヒーターがついていれば、エンジンを切っていてもぬくぬく。

夜だって全く冷えません。

FFヒーター【キャンピングカー】FFヒーターがあれば、エンジン切っても車内はポカポカ

 

でも、キャンピングカーだって立派な車両

タイヤの事、絶対に忘れないで下さいね。

 

今はどの地域でも突然雪が降ります。

それなのに、毎年こんな迷惑な人みかけませんか?

「まあ大丈夫だろう。お金もかかるし」とノーマルタイヤのままで冬を迎え、突然雪に降られ、ノーマルタイヤのままノロノロ運転で出発。結局スリップして事故を起こしたり、動けなくなって近所の人や公的機関の出動で助けられる

ほんと、バカなの?

これは絶対にやっちゃだめですよ。

特に雪国ではない地域では、雪が降ったときに必ずこういったことが起こります。

私も、近所に住む知らないおじさんの車を救出するために雪をかいて汗を流したことが・・・。

また、雪は無くなったもののアイスバーンでスリップする車も結構いますよね。

 

「雪国ではないから」という考えは捨てて、

【冬になったら必ずスタッドレスタイヤに交換する】

車のオーナーなのであれば、これを徹底して下さい。

ほんと、子供にチャイルドシートつけずに車運転する親くらいタチ悪いから。

雪国に住んでいない我が家も、毎年11月末頃にスタッドレスに交換し4月半ばにはノーマルタイヤへと戻しています。

本記事は、以下の内容について情報共有します。

キャンピングカースタッドレスタイヤ交換の参考になれば嬉しいです。

本記事のポイント

  • キャンピングカーのタイヤ交換場所
  • タイヤ交換価格
  • 大失敗したこと

我が家のキャンピングカータイヤ本数は6本

我が家のキャンピングカーのタイヤ本数は6本です。

前輪2本・後輪4本。

後輪がダブルタイヤとなっています。

キャンピングカータイヤバースト【キャンピングカー】タイヤバーストを防ぐための管理の重要性。

キャンピングカーのタイヤ交換

交換場所の注意点

キャンピングカーのタイヤ交換ですが、どこでも交換してもらるわけではありませんでした。

我が家のキャンピングカーはキャブコン。

一般乗用車やハイエース型のキャンピングカーに比べて車高が高いため、車屋さんの工場(店舗横に付属している、車両を持ち上げて点検とかしてる場所)に入らないと店舗によっては断られてしまいますので注意して下さい。

タイヤ交換は、キャンピングカーの車検を行ってくれた近所のトヨタ自動車さんにお願いしました。

キャンピングカー車検【キャンピングカー】車検費用、安い?高い?

スタッドレスタイヤのホイールを購入

実は、持っていたスタッドレスタイヤにはホイールがついていなかったため、ヤフーオークションで夫がホイールを購入しました。

「ヤフオク怖いし、ディーラーへ行って純正ホイールを買ったほうが良いんじゃない?」と伝えましたが、純正だとホイールだけで10万円を越えるということで却下されてしまいました。

私としては効果で純正のほうが安心なのですが、夫が良いというのだから仕方なく諦めました。

 

結局ヤフーオークションでホイール6個購入。お値段3万円弱

前輪と後輪のタイヤサイズが違うため、ホイールもそれぞれ違うサイズが届きました。

スタッドレスタイヤにホイールを付ける作業

自分ではタイヤとホイールをくっつける作業は出来ないのでお店に依頼。もちろんお金が発生します。

ただ今回この作業を行ってしまえば、以下の作業が今後発生しなくなります。

・(冬の時期)ノーマルタイヤのホイールを外す⇨スタッドレスタイヤに付け替える
・(それ以外の時期)スタッドレスタイヤのホイールを外す⇨ノーマルタイヤに付け替える

この作業を毎回やっていると、作業料金が高くなってしまうのです(おそらく倍はかかるかと)。

 

自分でタイヤ交換を行わない我が家としては、なるべくならこの料金を減らしたいところ。

そのため、初回だけこの料金がかかるという認識でいました。

ところが・・・大問題が発生。

ヤフオク購入ホイールがスタッドレスタイヤにつかない事件

最悪です。恐れていたことが発生です。まじヤフオクやりやがったなって感じ。

スタッドレス後輪4本に、購入したホイールがつかないという事件

現地(夫)からLINEで、「後輪だけ微妙にホイールサイズが違うことが発覚した」と連絡がきました。

結局、もともと付いていた夏用タイヤからホイールを取り外して、スタッドレスにそのホイールを付け替えることになりました。

残念ポイント

後輪4本を【ノーマルタイヤからホイールを外す→スタッドレスタイヤにそのホイールを付ける】という作業に変更。

ヤフオクで使ったお金は無駄になり、メーカーの店舗で新たに純正ホイールを購入しなおすハメに。

夫の言うこと聞いて成功した試しほんとない。ほんとヤダもう。

スタッドレスタイヤ交換価格は15,000円

約15,000円となりました。

タイヤ数6本ということ、ホイール取り付け(前輪2本)とホイール付け替え(後輪4本)が発生しているので少々お高め。

キャンピングカースタッドレスタイヤ

それでも5,000円ほど値引きをしてくださったので感謝です(何の値引きはちょっと内緒)。

タイヤ交換に2万円となると、結構落ち込みます・・・。

キャンピングカースタッドレスタイヤ価格

次回からの交換費用は少し安くなる

少なくとも前輪に関してはノーマルタイヤ・スタッドレスタイヤそれぞれにホイールが付いている状態になりました。

そのため【ホイール付替え】料金は次回から発生せず、【タイヤ交換】料金のみとなります。

 

ただ、後輪4本はそうはいきません。

新たにホイールを買い直し⇨そのホイールを店舗に持って行き⇨タイヤに取り付けてもらうという作業を行ってもらう必要があります。

現在は後輪のノーマルタイヤ4本にホイールが付いていない状態なので(スタッドレスタイヤにホイールを持っていかれたため)、新たに買い直すホイールをノーマルタイヤに付けてもらうことになるかと思います。

春までに後輪4本分のホイールを購入しなくては。

追記
その後、車両メーカーさん実店舗へ行って純正ホイール買いました。

ホイール4つでトータル56,420円でした。

ホイール4本の領収証
キャンピングカーホイール

まとめ:冬場は絶対スタッドレスタイヤに交換すること

  • 冬場に車を運転する人は、どんな車両であってもちゃんとスタッドレスタイヤに交換しましょう。
  • ヤフオクでタイヤ購入するのはやめましょう。

 

RVパーク【キャンピングカーでRVパーク】安く泊まれるRVパーク、予約は必要?車外調理はOK?