【私が出会ったやばい男たち】File1:ミニスカ男40歳

ミニスカ男

 

突然はじめました。

私が出会った『この人ヤバイでしょ』シリーズです。

 

この男ヤバイよ第一弾を飾るのは

『ミニスカ男40歳』

 

男の正体

元彼です。

当時40歳のエリート高給取りサラリーマン。

私は25,6歳くらいでした。

 

俺色に染めたい男

『とにかく君を俺の好みに仕立て上げたい』タイプの男です。

服・アクセサリー・カバン・コスメに至るまで、『それ好きじゃない。いらない。』と言っても

 


「いや。ゆうりさんは絶対にこっちが似合う!」
「ちょっと店員さん、これ見繕ってあげて。」

 

うざっ。

 

しかも、年上だから一応喜んだフリしておかなきゃいけないっていう。

くっそめんどくさい男。

 

ミニスカへの執着

俺色に染めたい男は、とにかく私に脚の露出を強要。

仕方なく夏はデニムのミニスカにウエッジソールとか履くんですよ。

26にもなってミニスカ。

 

で、俺色男が何をするかというと

一緒にお買い物へ行きます。

私に「先歩いてて」と言います。

よく分からないけど歩いておきます。

ふと振り返ると

両手をL字にして組み合わせることでカメラフレームポーズみたいなのを作って、中腰になって私をフレームから覗いてるわけですよ。片目つぶって。遠くから。たぶん20メートルくらい遠くから。

 

きしょくわるっ!

 

これ、八重洲の大丸でやられましたから。

一生の恥ですよ私。

 

もう他人のふり。マジ近寄るな案件。

 

40過ぎてミニスカ強要とか頭おかしい

40歳過ぎて20代の女にミニスカ頼むとか、もうアホでしょ。

 

わたしが6歳の時にハタチだった人間ってことを考えると更に気持ち悪い。

 

きしょく悪いしか出てこないwww

 

ミニスカ男には気をつけてね。