【私が出会ったやばい男たち】File3:粉雪の男

粉雪の男

こんにちは、ゆうりです。

私が出会った『この人ヤバイでしょ』シリーズ。

 

この男ヤバイよ第3弾は、『粉雪の男』。

 

『ヤバい男たち』のエピソード記事一覧はこちらへ

 

男の正体

付き合いはしなかったけど、ちょっとの間好きだった同僚男。

バツ2子持ち。

バリバリ仕事が出来るけどアル中気味のヤバいやつ。

でも今日の記事の「ヤバい内容」はアル中ではありません。

 

粉雪の男

どうやらカラオケ好きのようで、仕事終わりにカラオケに誘われました。

「好きかも」って思い始めてた頃なのでラッキー!

 

お酒飲みながらイチャイチャしたり(←たぶんこっちメインで誘われた)。

 

そんな中、当時爆発的?に流行してたレミオロメンが流れ始めました。

『粉雪』

 

その彼が歌い始めたところ、とんでもなく上手い。

たぶん本家超えレベルの上手さ。

高音域もきれい。

 

カラオケ上手い人って、惚れちゃうよね。
カラオケマジックですよ。

仕事も出来るし
背も高いし
細身でスーツも似合う。

ただ、バツ2アル中って時点でそもそも近づかないほうがいいよね。

 

わたしが自分から好きになった男は、「絶対友達おらんよね」みたいなめちゃくちゃな人がほとんどでした。

けど、どうしようもなさそうな男って触ってみたくなるんですよね。興味津々テイスティング的な。

なんだか魅力がある、イイ男なんですよ(注)。

注意
ここで言う「いい男」は、「いい人・まともな人」では全くないです。

 

主人は自分から好きになった男じゃないので、ホント良かった。刺激は少ないけど、毎日が穏やかです。

恋愛はヤバい男とのほうが楽しいけど、結婚はまとも&自己中じゃない人とじゃないと続かないですね。

恋愛≠結婚

 

同僚・田中ちゃん

そんなこんなで帰りがけにはキスされるし、これは付き合う流れか??

と思いつつ、翌日同僚の女の子・田中ちゃんに報告。

 

ビックリしてたものの


「ちょっとヤバそうだけど、とりあえずあの人仕事出来るし普通にしてりゃいい人だしね!頑張って!」

と応援してくれました。

 

それから特に進展もなく1週間ほど経過。

ある日、粉雪男を含めた同僚複数人と田中ちゃんがカラオケ二次会へ行ったそう。

 

その翌日、田中ちゃんからこう言われました。


「ゆうりちゃん、あの男はやめたほうがいい。絶対に。」

 

粉雪男ふたたび

どういうことなのか聞いたところ、前夜のカラオケでの出来事を教えてくれました。

 

===============

楽しくカラオケタイムは進み、ある時『粉雪』のイントロが流れ始めたそう。

粉雪男がマイクを持ったので、田中ちゃんはじめ他の同僚たちも「おっ、いいねぇレミオロメン」みたいな雰囲気で聞きの姿勢に入りはじめたそう。

すると突然、粉雪男が田中ちゃんの方を向いてマイクで話しだしたんだとか。

 


「田中ちゃんのために歌うよ……粉雪。」

~♪

 

 

田中ちゃん
「!?(気持ち悪っ!!!)」

===============

 

「~♪」じゃないわ。即刻退場。

 

気色悪男

今思い出しても気持ち悪い。

レミオロメン流して眉間にシワ寄せながらこの文章書いてます。

 

言われたのが田中ちゃんで良かった。

生贄になってくれた田中ちゃんには感謝しかありません。

ありがとう田中ちゃん。私の人生を救ってくれてありがとう。

 

 

きしょくわるいよね・・・。

 

こんなん喜ぶ女おるん?

オェってなるじゃん。オェ案件。

 

もっとわかりやすく言うと、『脳みそに鳥肌立つやつ』ですよ。

 

『ヤバい男たち』のエピソード記事一覧はこちらへ